ハイエナ(Netflix)ネタバレやあらすじ・考察!ドラマの韓国の評判や視聴率を調査!

韓国ドラマ「ハイエナ」は2020年に放送された社会派ドラマです。

主演はキム・ヘスさんとチュ・ジフンさんの2人です。

演出は「星から来たあなた」「銭の戦争」などで有名なチャン・テユさんです。

また2020年の第56回百想芸術大賞でTVドラマ部門「作品賞」にノミネートされています。

今回はそんな「ハイエナ」のネタバレあらすじ、評判や視聴率について調べてみました!

Sponsored Links

『ハイエナ』ネタバレあらすじは?

   

チョン・クムジャはお金のためなら手段を選ばないハイエナのような弁護士です。

一方、ハン・ヒジェは温室育ちのエリート弁護士です。

2人はひょんなことから知り合い付き合い始めます。

しかしある日クムジャとヒジェは法廷で出会います。

さらにクムジャはヒジェの相手側の弁護士でした。

裁判に負けたヒジェはクムジャからも別れを告げられます。

実はクムジャはヒジェが自分が担当する事件の相手の弁護士だと知っていました。

それを知って近づいていたのでした。

勝てるはずの裁判に負けたヒジェは評判を落とします。

一方、クムジャはこの裁判に勝ったことで知名度を上げます。

天敵となった2人は、弁護士として熾烈な生存競争を繰り広げていきます。

『ハイエナ』の韓国での評判や視聴率は?

ドラマ「ハイエナ」の韓国での評判を調べてみました。

韓国ではクムジャとヒジェの関係にときめく人が多かったようです。

2人の息ぴったりの演技に注目が集まったようです。

またドラマ最終回の後には終了を惜しむ声が多く聞かれました。

番組にはシーズン2をやってほしいという要望が沢山寄せられたようです。

日本でもすでに見た方たちからは、ストーリーのテンポの良さや主演の2人の演技の上手さなど好評価な意見が多いです。

視聴率は?

シーズン2を望まれるほど人気だった「ハイエナ」の視聴率はどうだったのでしょうか。

視聴率調査会社のAGBニールセンメディアリサーチ社の韓国全土での最高視聴率です。

1話 10.3%
2話 9.0%
3話 11.2%
4話 9.9%
5話 10.7%
6話 10.4%
7話 10.8%
8話 12.5%
9話 11.5%
10話 11.7%
11話 10.8%
12話 10.8%
13話 10.6%
14話 11.3%
15話 12.1%
16話 14.6%
平均視聴率 10.1%

ドラマ終盤にかけて視聴率が上がっていますね!

8話は12.5%と平均視聴率を上回っています。

この回ではグムジャとヒジェのキスシーンが話題になったようです。

さらにこのシーンは2日で再生回数が100万回突破したそうです!

放送時韓国のネット上には「私までドキドキする!」「2人とも格好良くてセクシーな大人。お似合いです」「演技凄すぎ…今日は眠れないわ」「このシーンだけリピート観賞中」など興奮する声が多く上げられました。

Sponsored Links

『ハイエナ』のキャストは?

チョン・グムジャ役/キム・ヘス

お金のためなら手段を選ばない弁護士チョン・クムジャをキム・ヘスさんが演じます。

キム・ヘスさんは日本でもリメイクされた「シグナル」以来のドラマ出演になります。

この役で第56回百想芸術大賞「TV女性最優秀演技賞」にノミネートされています。

ユン・ヒジェ役/チュ・ジフン

エリート一家の温室育ちの弁護士ユン・ヒジェをチュ・ジフンさんが演じます。

チュ・ジフンさんは日本でも人気の俳優さんです。

この役で第56回百想芸術大賞「TV男性最優秀演技賞」にノミネートされています。

まとめ

ここまで韓国ドラマ「ハイエナ」のネタバレあらすじや韓国での評判や視聴率をお送りしました。

この「ハイエナ」は第56回百想芸術大賞の作品賞、主演男優賞、主演女優賞にノミネートされている作品です。

韓国ドラマといえば「愛の不時着」や「梨泰院クラス」などが話題になっています。

この「ハイエナ」も2020年の注目ドラマのひとつだと思います!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)