三度目の殺人のネタバレ考察や器の意味とは?難しいのでわかりやすく解説します!

今回は「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞を受賞して話題となった『是枝裕和監督』の「三度目の殺人」について書きたいと思います。
この映画は2017年9月9日に公開されましたが、公開初日2日で興収2億円以上にものぼる結果となりました。

弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見る姿によって、新たな「真実」を想像する法廷心理サスペンス映画です。
キャストは福山雅治が弁護士を演じ、殺人犯は大御所の役所広司が演じます。

Sponsored Links



キャスト紹介

『重盛朋章』 (福山雅治)
勝利にこだわる弁護士、真実より裁判に勝つことが大事。
三隅の供述に振り回されていくうちに、初めて真実を知りたいと思う。

『三隅高司』 (役所広司)
容疑者。解雇された会社の社長を殺害した容疑で起訴される。30年前にも殺人強盗罪で無期懲役刑の判決。

『山中光男』 (小野孝弘)
三隅の被害者。食品工場の社長で、金を盗んだことから三隅をクビにしていた。

『山中咲江』 (広瀬すず)
被害者の娘。理由は不明だが足が不自由。

『山中美津江』(斉藤由貴)
被害者の妻。保険金目当てで夫の殺害を三隅に依頼したと疑われる。

『摂津大輔』 (吉田鋼太郎)
弁護士。重盛の司法修習生時代の同級生。

『川島輝』  (満島真之介)
重盛と三隅の調査に加わった若手弁護士。

『服部亜紀子』(松岡依都美)
重盛の事務所の事務員。

『篠原一葵』 (市川実日子)
三隅の事件担当の検察官。

『結花』   (蒔田彩珠)
万引きを繰り返す重盛の娘。

『重盛彰久』 (橋爪功)
重盛の父。30年前に三隅の事件担当になった。

複雑なストーリーを簡単に解説

~ネタバレ注意~

ある弁護士とある容疑者の法廷サスペンス映画です。
弁護士の重盛と被害者の三隅の出会いは、重盛が初めて拘置所に被害者の面会に訪れた際でした。

「間違いありません。殺しました。」

自分の罪を認めた三隅。
すぐ解決できる普通の殺人事件だと思っていました。

三隅は元職場の社長である山中を殺害し、財布を奪って火をつけた容疑で起訴されました。
彼は30年前にも北海道で強盗殺人の前科があるため、死刑はほぼ確実でした。

重盛はなんとか三隅を無期懲役に持っていこうと、新人弁護士の川島を助手に調査を開始。
遺体が焼かれた事件現場を調査中に、足の悪い少女を見かける。
やがて三隅たちはある映像をきっかけに、強殺より罪の軽い、殺人と窃盗に定めることに決めるが、三隅が週刊誌の取材に勝手に応じ

「社長さんの奥さんに頼まれて保険金目当てで殺した」 

と突然告白するのでした。

突然の告白に重盛は混乱。
しかし、社長の妻である山中美津江からの殺人を共謀するメールが残され、更に事件前三隅の銀行口座には、給料振り込みとは別に50万円という金額が振り込まれていた事実が判明。
重盛は急遽、社長の妻美津江の主犯と切り替えます。
その裏を取るため三隅が住んでいたアパートを訪ねたところ、被害者の娘である咲江と三隅に繋がりがあることが判明します。

真実が分からないまま、第一回公判が開廷されます。
結局山中社長殺害事件に妻美津江が関わっていたことは否定されてしまいます。
判決後、重盛の事務所に娘の咲江が訪れ、実は父親に性的虐待を受け恨んでいたことや三隅と交友関係があったことを話します。
咲江は誰にも明かしたことのないこの秘密を、三隅を助けるために証言すると言います。
そのことを三隅に告げると、

「嘘ですよ、そんな話」

と驚愕の告白をします。
始めは真実なんてどうでもよかった重盛が、この三隅の証言により真実は何なのか追求せずにはいられなくなります。
重盛はついには三隅に
「頼むよ、今度こそ本当のことを教えてくれよ!」
と詰め寄ります。
すると三隅は泣きながら『真実』を語りました。

検察官や弁護士から、罪を認めさえすれば犯行は減刑されると言われたのだと言います。
つまりやっていない事件の犯行を供述をしたというのです。
殺人も犯していないと告白します。

三隅の二転三転する証言に重盛は混乱。
そのまま判決を迎えてしまいます。
判決は・・・

「主文、被告人を死刑に処する」

あっけなく予定通り判決が下るのでした。

Sponsored Links

『器』の意味とは?

過去からのヒント

これは三隅の過去を遡ることになりますが、北海道での殺人事件の際、当時三隅を逮捕した刑事は、

「三隅自身の恨みや憎しみはなかった」
「なんだか空っぽの器のような」  

と三隅を表現しました。
重盛は調査するうちにずつ三隅に興味を抱き始め、「空っぽの器」である三隅に、知らず知らず取り込まれていくのです。
この描写から「では誰かのため?」ということも考えられるのではないでしょうか?

今回事件での結論

要は
『三隅=他人の思いを取り込み、まるでロボットのように行動する様』
を表してるのではないかと思います。

父に性的虐待を受けていた咲江の代りに社長を殺害し、その事実を知っていた母親を共犯にしようと証言を二転三転変えたのではないでしょうか?
つまり咲江の代わりに、自分がロボットとして二人に復讐を果たそうとしたのではないかと結論付けました。

Sponsored Links

つまり『三度の殺人』とは?

今作ではタイトルが示すように殺人は3度おこなわれます。

①1度目の殺人は、三隅が北海道で犯した殺人事件。
②2度目の殺人は、咲江に代わり三隅が咲江の父親の命を奪った殺人事件。
③3度目の殺人は、“真実”に向き合う必要などないという無関心が招いた殺人公判。
つまり三隅自身のこと。

まとめ

『彷徨うのは弁護士だけではなく鑑賞者である私自身も同様で、単純に「真実を知りたい」ではなく「彼が何を考え、何を語っているか」が知りたくなり、映画に没頭することになります。』

まさに観客をも魅了し、没頭させていくのがこの作品の醍醐味ではないでしょうか?

かなり複雑なストーリーでしたが、今回はだいぶ簡単に解説させていただきました。
証言がどんどん変わり、それにつれて重盛がどんどん三隅の真実を追いかけるのに必死になっていく様が面白いと思います。
結末はぜひ本編でお楽しみください!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)