パラサイト半地下の家族|原作ネタバレや結末は?韓国の評判や日本公開日も!

韓流ブームにより、韓国の音楽やドラマ、食べ物や文化など私たちの生活に身近なものとなってきました。

男女問わず好きな方も多いと思います。

今回は「パラサイト半地下の家族」という韓国の映画を紹介します。

気になるタイトルですが一体どんな映画なのでしょうか?

Sponsored Links

「パラサイト半地下の家族」ってどんな映画?

「パラサイト半地下の家族」は2019年5月30日に韓国で公開されました。

第72回カンヌ国際映画祭では韓国映画初となるパルム・ドールの受賞を果たしています

ストーリー

甲斐性なしの父ギテク、それに喝を入れる妻チュンスク、大学入試に失敗し続けている長男のギウ、美大に行きたいが予備校に通えない長女のギジョン、一家は半地下住宅で暮らす貧しい家族だ。

半地下の家は暮らしにくい。路上に散布される消毒剤は降ってくるし、電波もWi-Fiも弱い。普通の暮らしがしたいと、家族全員思っていた。

ある日、長男のギウは、エリート大学生の友人に「自分の代わりに家庭教師をしないか」と頼まれる。

受験経験豊富な「受験のプロ」ギウはそれを引き受け、高台の大豪邸へと向かう。

大豪邸に住んでいたのは、ギウたちと同じ4人家族のパク一家。

誰もが尊敬するIT企業の社長ドンイク、美しい社長の妻ヨンギョ、年頃の娘ダヘ、奇抜で感度の高い息子ダソン。

一家の心を掴んだギウは、次に妹ギジョンを美術の家庭教師として紹介する。

やがてキム一家全員がパク一家の「パラサイト」になっていくのだが、その先には想像を絶する光景が広がっていた。

キャストを紹介

個性的な家族の中から、父ギテク役ソン・ガンホを紹介します。

ソン・ガンホは1967年1月17日生まれの韓国の俳優で、1996年に「豚が井戸に落ちた日」でデビューしました。

その後、名だたる監督とタッグを組み、韓国を代表する実力派俳優となります。

本作のポン・ジュノ監督の信頼も厚く、パラサイト半地下の家族は4作目の出演です。

過去のポン・ジュノ監督作品への出演

2003年/殺人の追憶
2006年/グエムル-漢江の怪物−
2013年/スノーピアサー

Sponsored Links

韓国での評判

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したことにより、アカデミー賞受賞の可能性も高まっている本作、

現地韓国でも好評価を得ており、日本でも既に話題となっているようです。

口コミは?

一見サイコホラー的印象も受けそうですが、意外とコメディ要素が多いようで、おもしろいという口コミを多く見かけました。

しかし、コメディ要素とは裏腹に、貧困層と富裕層の格差という社会問題も色濃く描かれているようで、鑑賞後に「何か考えさせられるもの」が残る人も多いようです。そのギャップが話題性の高さに関係しているのかと思います

結末に関しては、人それぞれ受け取り方や好みが分かれそうな印象です

日本での公開はいつ?

日本での公開は2020年1月10日(金)です。

Sponsored Links

まとめ

今回は「パラサイト半地下の家族」を紹介しました。

かなりの好評価を得ていますし、アカデミー賞受賞の可能性も高いということで、非常に注目の映画だと思います。

一体どんな結末になっているのでしょうか、日本公開が楽しみですね。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)