ザ・キング永遠の君主|ネタバレや考察・評判!設定が難しいのでわかりやすく説明します!

「ザ・キング永遠の君主」はパラレルワールドをテーマにしたドラマです。

主演はイ・ミンホさんとキム・ゴウンさん、脚本は「トッケビ」「太陽の末裔」などをキム・ウンスクさんです。

毎回ハラハラドキドキのストーリーではやく次を見たくなってしまいます。

しかし一方でパラレルワールドの設定が難しいとの声もあります。

今回はそんな「ザ・キング永遠の君主」のネタバレや考察・評判、さらに設定の説明などをお送りいたします。

関連おススメ記事

Sponsored Links

「ザ・キング永遠の君主」あらすじ・ネタバレは?

大韓帝国の皇太子であるイ・ゴンは、幼い頃叔父であるイ・リムの謀反により皇帝である父親を殺されてします。

ゴンもリムに殺されかけますが、寸前で謎の人物に助けられます。

ゴンはその人物が身につけていたIDカードを手に入れます。

そこには、警部補チョン・テウルの名前がありました。

大人になったゴンは大韓帝国の皇帝となっていました。

ある日ゴンの目の前に謎の女性が現れます。

彼女を追っていくうちにゴンはもうひとつの世界である大韓民国に行きます。

そこはゴンがいる大韓帝国と似ているものの、全くちがう世界でした。

ゴンはそこでIDカードの女性である刑事のチョン・テウルと出会います。

しかしテウルはゴンのことを知りませんでした。

そしてゴンの話を全く信じません。

ゴンのことを身元不明と怪しむテウルでしたが、ゴンを取り巻く出来事を通して、ゴンの話を信じ始めます。

そしてある日テウルはゴンと共に大韓帝国へ行きます。

パラレルワールドを体験したテウルは、ゴンのことを信用します。

一方、ゴンは自殺したと聞かされていた叔父のリムの死に疑問を持っていました。

そんな時、テウルは自分が追っている殺人事件と大韓帝国のつながりを見つけます。

ゴンとテウルはそれぞれの目的のために、共に捜査をすることにします。

捜査するうちにゴンはリムが生きていること、そのリムの手引きで多くの人が2つの世界で入れ替わっていることを知ります。

そして過去の自分を助けたのは、自分自身だということに気づきます。

ゴンはリムを倒すために、笛を使い謀反があった夜へ行きます。

幼い自分をリムから守ったゴンでしたが、現代に帰ることが出来ずそのまま過去に留まります。

ゴンはそこでそのまま時間を過ごして2020年を待ちます。

そして2020年なった時に、ヨンとシンジェと共にリムを捕まえます。

ゴンは謀反の夜でリムを倒すために、ヨンと共に再び謀反の夜へ行くことを決意するのでした。

Sponsored Links

「ザ・キング永遠の君主」の設定は?

「ザ・キング」は、2つの世界を舞台にしたパラレルワールドのドラマです。
 

テウルがいる大韓民国

ひとつは大韓民国です。

大韓民国は、いま私たちがいる世界にある韓国のことです。

首都はソウルで、韓国は南北に分かれています。

ゴンがいる大韓帝国

もうひとつの世界は大韓帝国です。

大韓帝国は、私たちがいる世界からみたパラレルワールドです。

大韓民国と違うところは、首都はプサンで、韓国は南北に別れていません。

そして皇帝制度が残っています。

また鉱物のレアアースを世界中に供給していることでGDPが4位の裕福な国です。

2つの国を行き来する方法は?

2つの国を行き来するのは、大韓帝国の萬波息笛という笛が必要です。

この笛は謀反と時に2つに割れてしまいます。

それをそれぞれゴンとリムが持っています。

またゴンとリムが2つの世界を行き来する際、2人の周りの時間が止まります。

2つの世界に同じ人物がいる?

2つの世界にはそれぞれ同じ人物が存在します。

立場や名前は違いますが、家族構成などは同じようです。

1人2役になるので、ぼんやり見ていると分からなくなります。

たとえばキム・ゴウンさんが演じる2役はチョン・テウル(大韓民国)とルナ(大韓帝国)です。

テウルは刑事ですが、ルナは犯罪者です。

またウ・ドファンさんが演じるチョ・ヨン(大韓帝国)とチョ・ウンソプ(大韓民国)もそうです。

ヨンはゴンの臣下ですが、ウンソプはテウルの幼馴染です。

Sponsored Links

「ザ・キング永遠の君主」の考察・評判!

「ザ・キング」の評判を見てみると概ね面白いと好評です。

ただやはり2つの世界を行き来するので、難しいという意見や6話での反日的な表現が残念だという意見もありました。

大韓民国で起きている殺人事件とは?

大韓民国では起きている事件はリムによるものでした。

大韓帝国と大韓民国はパラレルワールドのため、それぞれに同じ人物が存在しています。

リムは自分が利用するために、大韓民国と大韓帝国の人を入れ替えていました。

そして都合の悪い人物は、別世界の本人に殺させていたのでした。

それが大韓民国で起きていた殺人事件の真相です。

2つの世界を行き来した人物は?

それでは2つの世界を行き来した人物はどれくらいいるのでしょうか。

リムの策略に関係してしまった人たちの他に、ゴンとテウル、ウンソプとヨンがいます。

またリムと実は繋がっていたソリョンなどもそうです。

そして驚くところでは、ノ尚宮も実は幼い頃に大韓民国から大韓帝国に連れてこられた人物でした。

そして2つの世界を行き来した人物にはある特徴があります。

もうひとつの世界の自分が死んでいる人に限り、雷が鳴ると身体に稲妻のような模様が浮かび上がります。

そしてその痛さに悶えます。

これには何か理由があるのでしょうか。

笛の秘密と少年との関係は?

この謎を解くのに重要な人物がいます。

それは時々登場するヨーヨーを持つ少年です。

少年は15話で笛と同じで自分もひとつになりたいと語ります。

もしかして少年は笛の化身なんでしょうか。

Sponsored Links

各話のネタバレはこちら

以下のリンクをクリックしますと関連記事に飛びます。

関連おススメ記事

まとめ

ここまで「ザ・キング永遠の君主」のネタバレや考察・評判、さらに設定の説明などをお送りしました。
2つの世界を行き来するだけでなく、時間も超えて行くストーリーです。

それ故にいまどの時代のどちらの国なのか混乱する時があります。

また笛の謎やゴンたちに表れる稲妻の模様など謎も多いです。

全ての謎は最終回に分かるはずです。

最終回がどんな展開になるのか楽しみすぎます!

関連おススメ記事

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)