梨泰院クラス(7話)ネタバレあらすじ!セロイの復讐計画本格始動!お金の出所に納得!

チャンガとセロイの間にいるスアが苦しんでいることを知り、悩んだセロイはスアを救うため、チャンガの株を買い復讐を始動させました。

そんなセロイを目ざとく思ったデヒは、タンバムに乗り込みセロイと対峙します!

さぁ、第7話どうなるのでしょうか?あらすじをご紹介します。

Sponsored Links

『梨泰院クラス 7話』のあらすじは?

タンデムに来たチャン・デヒ(ユ・ジェミョン)と再開したパク・セロイ(パク・ソジュン)。

デヒは席に着き、タンデムのサービスぶりを観察した後、注文を聞きに来たチェ・イソ(キム・ダミ)へチゲと炒め物を自信のあるものをと注文します。

イソはそれを厨房へ伝えに行き、チャン・グンス(キム・ドンヒ)へデヒの好みの味を聞きます。

グンスから聞いた好みの味の料理を出そうとしますが、セロイは「今日は絶対ほろこびを見せたくない。だからいつも通りで。」と指示します。

セロイとデヒの闘いの始まり

そして、完成した豚もやし炒めと豆腐チゲをセロイがテーブルへ運んだところで、デヒは8年前に株を買ったことについて触れました。

当時、潰れかけたチャンガの株を父親の保険金を使って買った理由を尋ねると、セロイはチャンガの価値を信じ、長期的に買いだと思ったと返します。

「8年前は儲けのためとして、今朝の6億ウォン投資の目的は?」とさらにデヒが追求するも8年前と同じ理由だととぼけます。

食べ終わったデヒは、期待していたが、チャンガの相手にはならないと、「パク部長に免じて敵と思わないことを、幸いに思え。おとなしく生きろ」とセロイに警告します。。

しかしセロイは、その言葉に「信念と気合が生き方です」と突っぱねます。

さらに、「父に免じて?笑わせるな。あんたが唯一できるのは土下座して罪を償うこと。僕がそうさせます。」と断言しました。

デヒは冷静に「虎は吠えない。噛み付くだけだ」と意味を教えてやると残しタンバムを去って行きました。

デヒが帰った後、セロイは虎が本当に吠えないのか、ネットで検索して確認します。

そんなセロイを見てイソは、大物と闘うときは耐えないといけないと注意しますが、セロイは喧嘩は背中を狙った先制パンチが大事だと余裕を見せます。

ホジンとセロイの友情

イ・ホジン(デビッド・イ)はチャン・グンウォン(アン・ボヒョン)にいじめられていて、セロイに助けられた生徒でした。

8年前、刑務所に入ったセロイの面会に行き、助けた理由を尋ね、耐えることで闘っていたのにおせっかいだとセロイを責めます。

トゲトゲしいホジンにセロイは話が終わったなら帰れと促しますが、ホジンは出所後はどうするのと尋ねます。

セロイはムカつくから言いたくないと拒否するとホジンは、地獄を耐え抜いて韓国大の経済学科に入学したと報告します。

いじめられていた時のことを忘れられたらいいなと言うセロイに、やられたことがないから言える言葉だと訴え、耐えられたのは復讐を考えていたからだと告白します。

夢はファンドマネージャーになることと、助けてくれたことに感謝を述べるホジン。

セロイを「復讐を考えていた」ことに共鳴し、出所後の計画を打ち明けます。

計画を聞いたホジンは、その計画は無理だと優秀なファンドマネージャーが必要だと言い、セロイと復讐することを組み友人となります。

ホジンの自宅を尋ねて来たセロイに、8年前に学生だった自身に何故投資を任せたのかと尋ねると、株のことは知らないがホジンのことは少し知っていたからだと答えます。

チャンガの後継者

チャンガへの復讐を共に持つセロイとホジンは、少し前にチャンガ創設者の娘であり、専務である、カン・ミンジョン(キム・ヘウン)と接触していました。

セロイがチャンガの株1%を持ち、会長の解任案が株主総会で出た時には、ミンジョンが次の会長になるよう協力すると提案。

それにミンジョンはデヒにとって店1軒出しただけではコバエに過ぎず、本来であれば期待できないが、パク部長の息子だから期待してみると言いました。

さらにセロイの言葉や自分の判断よりも、デヒの勘を信じるミンジョンは、デヒをタンバムに来させることが条件だと提示しました。

その条件をクリアしたセロイは、ミンジョンと再び密会し、手を組むことを約束したのです。

翌日、ミンジョンはデヒに呼ばれ囲碁を打っていました。

デヒは心残りはないが、グンウォンは信用ならないため会社の未来を心配する言葉をこぼしました。

それにミンジョンは、グンウォンより優秀な社員もいるため会社の繁栄を第一に考え同族の道も必要だと助言します。

その助言にデヒは、優秀な社員を経営の座にするならミンジョンが適任だと返しました。

そして去るミンジョンに、家族同然で頼りにしていると伝えます。

ミンジョンが去った後、キム室長が訪れセロイとミンジョンが密会していた時の写真を差し出します。

スアを好きな理由

オ・スア(クォン・ナラ)がセロイのことを考えながら車で信号待ちをしていると、車の目の前をセロイが通ります。

セロイを呼び止めたスアは、一緒に歩きながら投資に使ったカネの出元を聞きますが、巻き込みたくないとセロイは答えません。

「復讐はやめてほしいが、応援もしている。チャンガとセロイの間で私はどうすべきか、誰の味方なのか混乱する」と打ち明けます。

それを聞いたセロイは「スアは大学入試の時、助けは要らないと何キロも走り続けた結果、時間内に到着した。会場に入っていく後ろ姿が”自分のことは自分で守る”と語っていてカッコよかった」とスアに好きになった理由を打ち明けそのまま自分の味方をするよう告げます。

その後、タンバムでは外国人の客が訪れ、英語を喋る客の対応をキム・トニー(クリス・ライアン)に頼むが、英語が喋れないと打ち明けられます。

韓国語とフランス語しか喋られないことを知ったチェ・スングォン(リュ・ギョンス)とマ・ヒョニ(イ・ジェヨン)は、イソが知ったらクビになることを心配します。

セロイは、トニーに働くことが好きなら、英語を勉強するよう言い聞かせます。

グンスの恋

一方、イソはグンスと運河に来ていました。

グンスはイソにセロイが好きか尋ねますが、イソは関係ないと突っぱね、さらに「私のことが好きでしょ」と確認します。

「あんたが金持ちだから仲良くしたの。あんたといれば得すると思った。なのにあんたは私にも後継者にも、何も欲を出さないマヌケだった。」とイソは辛辣に言います。

そしてグンスの問いに対し、「好きだが人の感情は変わる。好きであることを諦めないで。もし私にどうしようもないほど欲が出たらチャンガを継いで。」とグンスを鼓舞します。

最後に冗談だと付け加えますが、グンスは罪な女だと苦笑いします。

セロイの過去

イソとグンスがタンバムにやって来ると、セロイは急用があるとスングォン達に任せ店を去ります。

イソは店を出たセロイを追いかけ、どこへ行くのかと聞きますが、セロイは私用だと言いはぐらかします。

そんなセロイに不満なイソは、仲間がいるからやれると言ったことを引き合いに出し頼ってほしいと懇願します。

そんなイソに押され、間接的には関係があると言い、一緒に行くことを承諾します。

バスの中でセロイは父親のこと、チャン家との悪縁の始まり、父親の死後のこと、友人のホジンのこと、復讐計画について全て打ち明けました。

セロイとイソはバスを降り、グンウォンの轢き逃げ事件を担当していた元刑事であるオ・ビョンホン(ユン・ギョンホ)の家を訪れました。

娘を守るため、事件を隠蔽したビョンホンはセロイに負い目を感じているが、土下座し、何でもするから訪ねて来ないで欲しいと懇願します。

そんなビョンホンにセロイは、できることは事実を解明して自首することだと断言します。

家の中で待っていたイソはビョンホンに証言してもらえれば、グンウォンは捕まり、会長派の株主を奪えるから説得しに来たのかとセロイに確認します。

セロイの膝を無理矢理借りて寝転がるイソは、セロイの腕にある複数の古い傷を見つけ、それが店の資金を集めるために働いていた時にできた傷であると知り、心を痛めます。

突然泣き出すイソにセロイは戸惑いますが、セロイの過去に心を痛めたイソはこの気持ちが愛であることを自覚します。

そして、もう二度と独りで苦しませないと、手を出す人間は皆潰すと一人心に誓います。

タンバムの新たな危機

翌日、タンバムの建物が売却され新しいオーナーが家賃5%値上げし、契約期間が満了したら退去するよう勧告されたとセロイがイソ達へ告げます。

氷をタンバムに借りに来ていたスアが、値上げは合法だが、退去は賃貸借保護法で5年保障されるから更新できるはずだが、商売するならオーナーと揉めると損をすると助言します。

セロイは、引っ越すと赤字になるため新しいオーナーと交渉しようと電話をします。

その場で新しいオーナーへ電話すると、出たのはチャンガ会長のデヒでした。

Sponsored Links

『梨泰院クラス 7話』の感想

セロイの過去を全て知り、心を痛める自分の気持ちに愛だと気付いたイソ。

でも、セロイの敵を潰すためでも自分を好きなグンスを利用しようとするのは悪どい!!!!

スアのひたむきに真っ直ぐセロイに向かうイソは、魅力的で面白いキャラクターだなと感じます。

デヒの裏を掻こうといろいろと画策するセロイに感心しましたが、最後にデヒの建物買取に「さすがデヒ」と拍手です。

やはりチャンガを大企業に成長させた人の力に脱帽します

Sponsored Links

まとめ

さて、第7話はいかがでしたでしょうか。

セロイが動き出したことで大きく復讐の計画が始まりました。

タンバムの建物がデヒに買い取られてしまい、再び危機です。

気になる第8話をお楽しみに!!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)