ゴジラハリウッドシリーズの順番や時系列は?モンスターズやキングコングの評判も!

破壊と再生を続ける究極の生命体・・・ゴジラ

その咆哮は破壊神の登場を告げる響きとなり・・・ただ・ただ、破壊を繰り返す!

そんなゴジラが好き!?・・・なぜ人はこの怪獣に惹かれるのでしょう。

モンスター映画『ゴジラ』ハリウッドシリーズの順番や時系列を解説します。

Sponsored Links

モンスターバースとは?

現在ハリウッドでは、怪獣映画シリーズ「モンスターバース」がスタートしています。

「モンスターバース」とは、ゴジラとキングコングが「コラボ」する怪獣映画を中心としたハリウッドの大作映画シリーズのことです。

ゴジラは昨年の『シン・ゴジラ』で再ブームとなり、今後もアニメ化やアメリカ「モンスターバース」でのシリーズ化が予定され、ゴジラ人気は衰えることがありません。

Sponsored Links

ゴジラの魅力?

街を社会を・・・すべてを壊し焼き尽くすゴジラは凶悪なモンスターだが、溢れんばかりの魅力を感じる生物でもあります。

1954年に登場したゴジラは、唯一無二のキャラクターと圧倒的な強さと破壊力を示し映画は大ヒットを記録し、その後30本の映画が製作されるほど大人気となりました。

ゴジラは古代生物が水素爆弾の影響で住んでいた環境を破壊され地上に現れたと推定されていますが、核実験を繰り返す人間の「核への風刺」や悲劇性が存分に描かれ、抗えない恐怖の対象として共感されるテーマが含まれています。

人間の核実験の影響で生まれたゴジラが街を破壊し尽くし、去っていく後ろ姿には人類への警鐘と一抹の共感すら覚えます。

Sponsored Links

ゴジラハリウッドシリーズの順番や時系列

ゴジラが登場するハリウッドシリーズでは、2020年までに5作品が製作されています。

2019年までは4作品が公開され、5作目『ゴジラVSキングコング』が2020年公開予定です。

1作目『GODZILLA』1998年公開

ハリウッド版『GODZILLA』第1作目はSFパニック「インデペンデンス・デイ」を撮ったローランド・エメリッヒが監督しましたが、作品に期待していたゴジラファンは唖然となったようです。

そのゴジラビジュアルは、恐竜?トカゲ?と目を疑うようなゴジラが出現し、従来のゴジラキャラクターからは違うイメージに怒った日米のゴジラファンから不評をかいました。

しかし演出では高い評価を受けているので、パニック映画として見れば十分に楽しめる作品です。

2作目『GODZILLAゴジラ』2014公開

モンスターバースシリーズの第1作目としての『GODZILLAゴジラ』は、1998年版のゴジラの不評に対し、このゴジラは高く評価され映画も大ヒットしました。

突如として出現した怪獣ゴジラのインパクトは大で、ゴジラらしい暴れぶりもさることながら、凶悪度の増したビジュアルに息をのむ迫力です。

本作の監督は幼少期よりゴジラに親しみゴジラ愛に溢れる「ギャレス・エドワーズ」監督がリアルを追求し、迫真性もたらす映像表現を創り出しました。

ゴジラファン納得の「ゴジラ映画」としての評価がありました。

3作目『キングコング:髑髏島の巨神』2017年公開

モンスターバースシリーズの第2作目は、侵略地拡大のために髑髏島に足を踏み入れた調査遠征隊が、謎の巨獣たちに遭遇する模様を描きます。

ゴジラに替わり本作の主役怪獣はキングコングで、本当にキングコングが存在すると思うほどのリアルな巨大ゴリラが登場します。

更に島には多種多様の巨大モンスターが生息しており、モンスターバースシリーズの幕開けとも思える作品に仕上がっています。

4作目『ゴジラ:ザ・キング・オブ・モンスターズ』2019年公開

モンスターバースシリーズとしては第3作目の本作は、『GODZILLAゴジラ』から5年後の世界を舞台に、しかもゴジラだけでなく“モスラ” “ラドン” ”キングギドラ”などの有名怪獣までもが登場して壮絶なバトルを繰り広げるという「ゴジラ版アベンジャーズ」のような作品とも言えます。

4大怪獣が繰り広げる圧巻のスペクタクルバトルは、ゴジラのオリジナル版の遺伝子を受け継ぎつつ、ハリウッドの最新技術で作り上げられた、まさにハリウッド版ゴジラ映画といえます。

本作に登場するゴジラは、身長:119.8m×体重:99.634tの巨体を持ち、ゴジラ誕生から65周年を迎え30本以上の映画が製作されてきたゴジラシリーズ史上でも最大級のスケールを誇ります。

5作目『ゴジラVSキングコング』2020年公開予定

モンスターバースシリーズの第4作目『ゴジラVSキングコング』は、いよいよ東西の2大怪獣ゴジラとキングコングの「夢の激突」が描かれます!

和製怪獣ゴジラとアメリカン怪獣キングコングの「日米対決」の行方が楽しみですネ!

モンスターズやキングコングの評判

4作目の『ゴジラ:ザ・キング・オブ・モンスターズ』にはゴジラだけでなく、神話時代のモスラ・ラドン・キングギドラらの怪獣たちが復活しています。

どの怪獣が人間の味方となり、どの怪獣が人間の脅威になるか論じられていますが「ゴジラをペットにして他の怪獣と戦わせては?」というジョークも出る始末です。

本作では4頭のモンスターが戦いますが、混戦ではなくそれぞれの怪獣の得意技や特性などをうまく見せてくれます。

本作でのゴジラは人類滅亡の脅威となるキングギドラと対決するためゴジラに対する応援度が高くなります。また、モスラの可愛さが見どころの1つにもなっています。

キングコングも1993年からの初代から始まり、これまで9作品に及ぶほどの人気怪獣です。

基本的にコングは巨大獣で力も強く島民に崇められる存在であり、心優しい美女に弱いという評価がありますが、クールで無情なタイプのゴジラとの戦いが期待されますね。

Sponsored Links

まとめ

ただ・ただ、破壊を繰り返す!・・・破壊獣ゴジラ。

街を社会を・・・すべてを壊し焼き尽くすゴジラは凶悪なモンスターだが、今だその人気は衰えません!

国民的アイコン『ゴジラ』はこれからも“進化”を続けて参ります。

2020年のゴジラとキングコングの「日米対決」を期待しましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)