デンジャラスライ(Netflix)ネタバレやあらすじ!屋敷の壮絶な秘密と結末が気になる!

映画館が営業していない今、Netflixオリジナル映画が好評です。

「危険な嘘」というタイトルを冠したこの映画は、その中でもサスペンス色とテンポの折り合いがよく、また棚ぼた遺産相続という「もしかしたら自分にも起こるかも」と想像の広がる映画。

お金が絡むと人は変わってしまうのです…。

映画『デンジャラスライ』のあらすじやネタバレ、キャストについてご紹介します。

Sponsored Links



映画『デンジャラスライ』ってどんな映画?

突如、遺産相続人に

ダイナーで働くケイティと大学院生のアダムは新婚カップル。

奨学金を返したら今度はケイティが大学院に行こうという計画をたて、仲睦まじく暮らしているのですが正直生活はカツカツのジリ貧。

しかもアダムがケイティの勤め先に顔を出した日、店が強盗に襲われてしまいます。

運良くアダムが強盗を撃退するのですが、店は潰れ、ケイティは転職を余儀なくされ、人材派遣会社の紹介でレナードというお金持ちの紳士の家にお手伝いとして職を得ます。

レナードは非常に紳士的でケイティも一生懸命働き、しばらくしてアダムもレナードの下で働くようになります。

レナードには妻も子どももおらず、広い屋敷に一人で住んでいるようでした。

ケイティの働きに何か思うところがあったのか、彼女に多すぎる給金を渡したりとなにかと気にかけてくれるレナード。

しかしある日、レナードは眠るように息を引き取ります。

悲しみに暮れるケイティとレナードはしかし、彼の遺言書をみてびっくりします。

なんと、レナードは屋敷をケイティに譲るという遺言を残していたのです。

降って湧いた幸運に喜ぶケイティとアダムですが、あまりにも予想外の展開に周囲から疑惑の目が向けられることとなるのです。

疑心暗鬼

おそらく老衰とはいえ人が亡くなっているのですから当然警察が捜査に入り、赤の他人であるケイティが屋敷を相続したことについて疑念が湧き起こります。

折悪しく、アダムがケイティのダイナーで捕まえた強盗が留置場の中で殺されてしまい、腕利きの刑事チェスラーはアダムがレナードを殺害したのかもしれないと疑い始めます。

ケイティは派遣会社の社長からレナード殺害の因縁をつけられて散々に罵倒され、また再三屋敷を買いたいと申し出る不動産屋や謎の侵入者にも頭を悩ませる事態となります。

しかも、経済的困窮が長引いたせいでお金への執着が凄まじいことになっている夫アダムの行動がだんだん信じられなくなり、ケイティは精神的にも追い詰められていきます。

屋根裏の死体と屋敷の秘密 ※以下ネタバレ

そんな中、屋根裏に死体があるのが発見されます。

どうやらその死体は死後数年が経過してはいるものの、生前レナードが語っていた庭師のイーサンだということがわかります。

しかも、その死体はダイヤモンドを持っているという怪しさ100%のもの。

警察に通報しようと至極真っ当なことをいうケイティに対し、ケイティ以上に参ってしまっているアダムは死体を隠匿、犯罪に手を染めてしまいます。

一方で、屋敷を訪ねてきたヘイデンという不動産屋について調べると思わぬことが発覚します。

彼は不動産屋ではなく宝石強盗であり、服役していたものの彼が盗もうとしたダイヤモンドが未だに行方不明であるということです。

結末と彼女の嘘

ヘイデンとこの屋敷を結びつけたのは、ケイティにレナードの遺言書を渡した弁護士ジュリアでした。

彼女はヘイデンの弁護をした際に、ヘイデンの共犯者であったイーサンがダイヤを持ち逃げして元々働いていたレナードの屋敷に逃げ込んだことを知り、ヘイデンと手を組んでダイヤを手に入れようとしたのです。

しかしジュリアの計画虚しく、業を煮やしたヘイデンが屋敷を急襲し、ケイティとアダムに襲いかかります。

金に執着するアダム、宝石に目が眩んだヘイデンは激しい銃撃戦の末、二人とも命を落とします。

残されたケイティの前にジュリアが現れ、ケイティはようやく事の全貌を知ります。

ジュリアがケイティに手をかけようとした直前、チェスラーによってジュリアは射殺され、ケイティは間一髪で生き残るのでした。

さて、気になるのがダイヤの行く先。

命を落としたアダムとの間の子を身ごもり、もうすぐ母になろうとするケイティはチェスラーにダイヤの在り処を聞かれ、「知らない」と嘘をつきます。

こうして、ケイティはダイヤを手に入れたのでした。

映画『デンジャラスライ』のキャストって?

ケイティを演じるのは大きな瞳が印象的なカミラ・メンデス。

1994年アメリカ生まれの26歳で、ドラマ『リバーデイル』で一躍有名になりました。

一時期は摂食障害に苦しんでいたとのことですが、現在は寛解し、かつての自分と同じく摂食障害で苦しむ人々へのチャリティーも行なっています。

Sponsored Links

まとめ

映画『デンジャラスライ』についてご紹介しました。

単発映画ですので今後シリーズ化する可能性は低いと思われますが、それでも緊迫感溢れる話運びは非常に魅力的です。

映画館に行けない今こそ、楽しんでいただきたい映画です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)