キングコングシリーズの見る順番や最新作は?他の怪獣と戦ったことあるの?

世界中で、ゴジラに並んで有名な怪獣キングコング。

キングコングシリーズ初作品は、1933年に作られたことをご存じですか?

80年以上前から始まり、今もなお人気が衰えないシリーズです。

そして過去作品で対決をした因縁の敵・ゴジラと再び対決を繰り広げる最新作が、

2020年公開予定となっています。

そこで今回は、キングコングシリーズ初代から最新作まで、ご紹介します。

あわせて、おススメの見る順番もお伝えします。

Sponsored Links

キングコングシリーズ

『キングコング』(1993年)

シリーズ化の元となった初作品が、1933年に公開された『キングコング』です。

公開当時、観客を感嘆させ、現在も多くの人の目を奪う名作となっています。

美女のアンに恋した巨大ゴリラ・コングの悲劇的な運命が描かれています。

孤島の主とされていたコングの元に、とあることから美しいアンが

生贄として差し出されてしまい、

アンに好意を抱いていた男性デンハムがアンの救出を試みます。

デンハムは、なんとかアンを救い出し、コングをニューヨークに連れて帰り金儲けを企みました。

注目を浴びたコングは、大暴れし、街は大混乱となっていくのでした。。

この時代、もちろんCGなどありませんでしたが、大迫力の映像となっています。

『コングの復讐』(1933年)

同年公開『キングコング』の続編。

コングの騒動から1カ月後、ニューヨークの街が変わり果ててしまったところから始まります。

騒動の原因を作ってしまったデンハムは、ニューヨークを追われ、髑髏島にたどり着きます。

そこで、ニューヨークで悲惨な最期を迎えたコングの息子に出会い。。

原題は『Son of Kong』(コングの息子)です。

『キングコング対ゴジラ』(1962年)

“ゴジラ”で爆発的な人気を集めた東宝が、アメリカRKO社の“キングコング”の

ライセンス使用契約を結んで制作されました。

“怪獣同士の対決”という日本の怪獣映画の流れを決定付けた作品でもあります。

北極圏で眠っていたゴジラと、ファロ島に生息するキングコングが、

日本を舞台に対決を繰り広げるストーリー。

『キングコングの逆襲』(1967年)

『キングコング対ゴジラ』で契約したライセンスの期限が5年のため、期限内に続編として制作。

悪の科学者によって作り出されたロボット怪獣“メカニーコング”に、

キングコングが立ち向かうというストーリー。

キングコングが正義として描かれています。

『キングコング』(1976年)

『キングコング』(1933年)のリメイク作品です。

時代設定を現代(制作当時)に変更し、1933年版では、ラストにコング登るビルは

エンパイアステートビルでしたが、世界貿易センタービルに変えられています。

いまは亡きビルとなってしまった世界貿易センタービルも見どころのひとつです。

『キングコング2』(1986年)

1976年版『キングコング』の続編。

世界貿易センターから転落したコングは10年間昏睡状態となっていましたが、

人口心臓の移植で蘇ります。

移植の際、大量の輸血が必要とのことで、ジャングルで雌のコング・レディコングを捕えてきてお

り、蘇ったコングはレディコングと山に逃亡。

しかしレディコングが人間に捉えられてしまい、コングはレディコングを救出しに襲撃。

原題は、『King Kong Lives』です。

『キング・コング』(2005年)

こちらも1933年の初代『キングコング』のリメイク作品。

これまでの作品との一番の違いは、美女のアンとコングの間に愛が生まれるということです。

アクションアドベンチャー作品に、ロマンス要素が加えられた作品となっています。

『キングコング 髑髏島の巨神』(2017年)

こちらは歴代作品のリメイクではなく、スピンオフ作品です。

未知の生命体を調査するために、カメラマン、学者、軍人からなる調査隊が

“スカル・アイランド(髑髏島)”に上陸。

彼らが自然破壊してしまったことで、島の守護神・キングコングを怒らせてしまい、

究極のサバイバルを強いられることに。。

日本語吹き替え版を、GACKTさん、佐々木希さんが担当されたことでも話題となりました。

Sponsored Links

シリーズの最新作は?『ゴジラVSキングコング(仮題)』

『GODZILLA ゴジラ』(2014年)と『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019年)、

そして『キングコング 髑髏島の巨神』のクロスオーバー作品となる

『ゴジラVSキングコング(仮題)』が2020年に公開予定です。

日本人俳優・小栗旬さんが出演されることでも話題となっています。

本作が、小栗さんのハリウッドデビューとなります。

Sponsored Links

まとめ

ここまで、キングコングシリーズ初代から最新作までを、ご紹介しました。

見るべき順番は、やはり公開年月日が古いものから見ていくことが、

シリーズの歴史を追えるので、一番いいかと思います。

しかし全作観るには、時間も根気もかかってしまうので、

まずは『キング・コング』(2005年)、『キングコング 髑髏島の巨神』(2017年)の順に

観るのはいかがでしょうか。

そこからリメイクの元なった作品を追っかけてみていくのも、面白いかと思います。

また2020年公開予定の『ゴジラVSキングコング(仮題)』ついては、

公開日が後ろ倒しになっていたりしますが、楽しみですね。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)