感染列島の感染源や病気の広がりにあり得ないとの声も!国内の評価やあらすじも紹介!

ここでは、2009年1月に公開された映画『感染列島』について、様々な観点から紹介していきます。

映画『感染列島』といえば、日本で新型のウイルスが蔓延し、パンデミックとなっていく様子をリアルに描いた映画として国際的にも話題となり、ハリウッドでのリメイクも計画されていたと言われる話題性特大の映画ですよね。

そんな映画『感染列島』について、詳しくご紹介していきます。

映画『感染列島』のあらすじを紹介!

ここでは、映画『感染列島』のあらすじを紹介していきます。

救命救急医の松岡(妻夫木聡)のもとに1人の急患が運び込まれます。

その患者には今まで見られたことのない症状(高熱、痙攣、吐血、多臓器不全を併発)が見られました。

当初は、新型インフルエンザだと想定されたことで、様々な種類のワクチンをその患者に投与するも、どのワクチンも効き目を発揮することなく、患者は死亡してしまいます。

しかし、それだけでは終わらず、その正体不明のウイルスは病院中の患者だけでなく、スタッフたちにも脅威をふるい始めていってしまいます。

また、その病院のみならず、その感染爆発は全国各地で発生し、日本全国へ着々と広がっていっているのでした。

その後、この状況の解明、ウイルスの感染拡大防止を目的として、WHOのメディカルオフィサーである小林栄子(檀れい)が病院へと派遣されてきます。

感染者の隔離、一部地域の封鎖、公共交通機関の停止などがなされますが、ウイルスの脅威は収まることはなく、日本は徐々に崩壊していきます。

そんな中でも諦めず松岡と栄子はウイルスに立ち向かっていきますが…。

映画『感染列島』予告編

上記が映画『感染列島』のあらすじになっています。

未知のウイルスが発見され、国内に爆発的に広がっていく様を描いたパニック系映画ですね。

今現在、コロナウイルスが国内で爆発的に広がっていますが、この映画は「状況が酷似している」、「今の状況を予言したのでは?」との声があがるほど、皮肉なことにリアリティ溢れるものとなっています。

続きが気になった皆さんは、映画で結末を見届けてみてはいかがでしょうか。

映画『感染列島』感染源や病気の広がりがあり得ない?

ここでは、映画『感染列島』のウイルスの感染源や病気の広がり方があり得ないと言われている件について紹介していきます。

まず、映画『感染列島』の中で拡大していくウイルスですが、第一感染者の真鍋の父親が本当の第一感染者であるということが判明します。

実は、真鍋の父は海外で医師の仕事をしており、帰国したときにもう既に発症しており、それが息子にうつったということだったのです。

真鍋の父が直前までいた地に行くと、今回の感染症と同じ症状の患者が何人も見受けられ、そこが感染源として確定しました。

さらに、その土地の洞窟に住んでいるコウモリ由来のウイルスが人間へうつったのだということも判明します。

感染源がコウモリであることについては、あり得ないというほどのことではありません。

実際に現在世間を騒がせているコロナウイルスはコウモリ由来のウイルスだと言われています。

また、他にも様々なウイルスがコウモリ由来であると言われており、そんなに珍しい話ではないのです。

次に、病気の広がり方に関してですが、映画内では1人目の感染者が出てからすぐ日本全国の主要都市ですぐに感染者が出始め、接触者を中心として感染が爆発的に広がっているという書き方をされています。

これも今のコロナパニックに乗せてですが、そんなに驚くほどの広がり方ではないように思えます。

映画内でも、感染者が出てからの対策が遅い、または、インフルエンザだと思っていたこともあって対策が万全ではなかった様子が見て取れます。

今の日本も同じ状況ではないでしょうか。

何も対策をしてない状態で、感染者が外を歩いたり、公共交通機関を利用したりしていれば、この速度で国内に感染爆発が起こっても何ら不思議ではないような印象を受けます。

しかし、私たちもこのようなパンデミックに自分で身を置いてやっとわかる印象なのかもしれません。

今、この映画『感染列島』で起きていることをあり得ないと否定できる人はいないのではないでしょうか。

実際、自分の目で見てあなたは「あり得ない」といえるでしょうか。

Sponsored Links

映画『感染列島』国内での評価は?

ここでは、映画『感染列島』の国内での評価について紹介していきます。

まず、こんな声が多くありました。

前項でも言いましたが、現在コロナウイルスによって日本全国はパニック状態です。

自分の身の回りで起こるはずがないと思っていたこの映画のような状況が、今実際に起きているという現実を目の当たりにして、この映画を見ようという動きを示す視聴者が多く出てきました。

また、コロナウイルスのパニックが起きる前は悪い評価が多かった作品とも言えますが、今このような状況に直面して高い評価をつけている人が多いようです。

他にも、このような声がありました。

この映画を通して、今の状況に投影して見て、医療関係者がどれほど大変な思いをしているのか、今自分がしなければならないことの重大さがわかってきたというコメントが多く見受けられました。

今現在、映画『感染列島』を支持する人は大変多く、今の状況をそのまま投影していると話題になっています。

ぜひ、皆さんもこの機会にご覧になって、意識を高めてはいかがでしょうか。

皆で頑張りましょう。

Sponsored Links

まとめ

ここまで映画『感染列島』について、あらすじ、感染源や感染の広がり方があり得ない件について、国内での評価などに関して紹介してきました。

実際、まずは映画『感染列島』を見てみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)