FOLLOWERS(4話)あらすじネタバレや考察!なつめはダサい?炎上したSNSとヒラクとの喧嘩!

元カレたちに断られ妊活がうまくいかないリミ。

一方、モデル業として一歩踏み出したなつめだったが、ユーチューバーのヒラクといい雰囲気に。

しかしずっとなつめに恋をしてきた親友のサニーが、それを目撃してしまう。

うまくいくことと、うまくいかないこと。

果たしてうまく両立できるのだろうか?!

Sponsored Links


「FOLLOWERS」4話あらすじとネタバレ!

エリコから話を聞いたあかねは、なつめを自分の事務所に入れる。

雑誌を見た人たちが、さらに続々となつめのフォロワーになっていく。

あかねは、「うちの事務所ならモデルでも、女優にでもなれる」と言う。

なつめはヒラクにそれを自慢するように報告する。

しかしそうやってヒラクとデートをしている時も、周りの目は、なつめを追う。

既になつめは多くの人に注目される立場になっていた。

 

なつめにはドラマの仕事や、CMの仕事などが入ってきた。

CMの撮影で現場に行くと、見たことのある顔がいる。

それはチョコレートのCMで、なつめに「君のことなんて誰も見てない」と言っていたスタッフだった。

彼は、以前の態度とはうってかわって、なつめに対して敬語を使い、ぺこぺこしていた。

元カレと再会

ある日、KENZOのパーティーが行われる。

なつめももちろん参加していたが、そこに焦ったあかねがやってくる。

何と同じ事務所の歌手・sayoが指定したドレスではないものを着てきてしまい、それがなつめと被ってしまったのだ。

急いであかねは別の衣装をなつめに着せる。

 

リミは幻想的なイベント会場で撮影をしていた。

ゆる子に「奥の部屋がとっても綺麗だったから見てくれば?」と言われ、せっかくなので奥の部屋に行くことに。

進んでいくと、足音が聞こえ、元カレ・民生が現れる。

「何でここにいるの?」

と驚くリミに、

「メッセンジャーでお前が呼んだんだろ」

という民生。

実はゆる子が仕組んだ再会だった。

民生を前に、自分の感情をさらけ出すリミに、民生は

「いい女になったね」

と優しく声をかけた。

既婚者だと書かれていた民生は、バツイチになっていた。

その夜、リミは民生と夜の街を歩き回った。

そして、抱き合い、キスをした。

全員に好かれない

なつめがドラマに出るようになって、モデルの仲間たちは、なつめのことをよく思っていなかった。

セリフが少しなのに浮かれてる、といってなつめ以外のモデルたちで、グループをつくり、そこでディスっていた。

フォロワー数が増える毎に喜ぶなつめに、ヒラクはそれと同時に嫌う人もいるから、あまり数で喜ばないほうがいい、とアドバイスする。

Sponsored Links

しがみつく世界

そのころ、年下の彼氏・すえおを家に連れてきたエリコは、息子の類に煙たがられていた。

エリコよりも息子のほうが歳が近いすえおを、類はよく思わない。

翌朝、エリコは自分の胸に違和感を感じて病院にいく。

すると、転移の可能性はないが、乳がんではないか、と診断されてショックを受ける。

一方あかねは、隣の部屋に越してきた、数学教授に心を奪われそうになっていた。

 

東京ガールズコレクションに出たなつめは、バックヤードでモデルの山田優と会う。

親しそうに話しかけてくれる山田優に、「何でそんなに綺麗なんですか?」と声をかけるなつめ。

すると山田優は

「この世界はあきらめたら転がり落ちるからね、意地よ」

と答えてさわやかに笑って、ステージに向かった。

 

その日のアフターパーティーで、山田優にVIPルームに誘われたなつめ。

しかし次の日、撮影が早いからといって、山田優はすぐ帰ってしまい、なつめはお酒を進める。

酔っぱらったなつめが連絡をすると、心配したヒラクは迎えに来る。

するとそこで、かつてヒラクと同じ事務所だった一樹が「ヒラクじゃん!」と声をかける。

何で事務所をやめてしまったのか、と聞く一樹だったが、ヒラクはそれを無視して、なつめを連れてVIPルームを出ていった。

Sponsored Links

ダサいなつめ

帰り道、酔っぱらったなつめにヒラクは言う。

「君の目標はこんなことなの?こんなことをしたくて、東京にしがみついてるの?」

それを聞いたなつめは怒り出す。

街中で

「誰も見向きもしなかったけど、今は自分の足で立ってる!」

と話し出すと、ヒラクは

「お前ダサいよ」

と言って、歩き始めてしまう。

なつめはヒラクの後ろ姿を悲しそうな顔で見ると、反対方向に歩きだし、泣いた。

炎上したアカウント

後日、鞄の撮影が入り、クライアントに挨拶をするモデルたち。

なつめもまたその席で、鞄を手にするが、モデルたちのグループラインは、その鞄の批判が飛ぶ。

反応しなかったなつめだったが、他のモデルに煽られて、そのクライアントを批判する。

するとそれが、スクリーンショットされ、拡散。

なつめの名前だけが晒されたその画像が、多くの人の目にとまり、なつめのアカウントは炎上してしまう。

まとめ

最後のへん、めちゃくちゃリアルっぽくて、こわい~~~~

陥れるための作戦というか、わざとらしい「私たち仲間だよね♪」に鳥肌。

でもこういうの、身に覚えのある人も多いのではないでしょうか?

比較的女性に多い気もしますが、SNSが発達した今となっては、結構多い話なのかな?

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)