スキャンダル(映画)ネタバレやあらすじ!FOXニュースで起きたセクハラ事件とは?

シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、そしてマーゴット・ロビーという豪華な顔ぶれが共演することで話題の映画「スキャンダル」。

日本では2020年2月21日より公開されることが決まっています。

全米を賑わせた、実際の事件をベースに作られていて、本国ではすでに今年度のアカデミー賞最有力候補と言われています。

一見硬派そうなテーマのこの作品、一体どんなお話なのか、気になりますよね。

今回はこの映画「スキャンダル」のあらすじや、豪華なキャスト陣についてご紹介していきます。

Sponsored Links

1 映画『スキャンダル』ってどんな映画?

映画「スキャンダル」は、2016年アメリカの大手テレビ局「FOXニュース」で実際に起こったスキャンダラスなセクハラ問題の裏側をあばいた作品です。

監督は、「オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男」「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」など、実話を元にした作品に定評があるジェイ・ローチ監督。

今回の作品も実際の事件を元にしているので、その手腕が光る作品になっていること間違いなしですね。

さらにこの作品には、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」で特殊メイクを手掛け、第90回アカデミー賞メイク・ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘さんが参加しています。

辻さんは、アカデミー賞のメイク・ヘアスタイリング賞を受賞した唯一の日本人アーティストです。

実在のキャスターに見た目を似せるため、辻さんが得意とする特殊メイクの技術がふんだんに使われているそう。

リアルの追求を得意としているクリエイターが集結している作品なのですね。

ストーリーだけではなく、出てくる人物や、テレビ局内の雰囲気のリアルさも楽しみなポイントの一つです!

Sponsored Links

2 映画『スキャンダル』のあらすじは?

FOXニュースの元人気キャスターであったグレッチェル・カールソンが、
「テレビ界の帝王」と呼ばれ業界に君臨していたCEOのロジャー・エイルズを提訴します。

前代未聞の衝撃的なニュースに、FOXニュース社内は騒然。

その騒ぎの中、FOXニュースの看板番組を担当している現・人気キャスターのメーガン・ケリーは、自分が今の立場を得るまでの道のりをふりかえり、心をざわつかせていました。

同じ頃、貪欲にメインキャスターのポジションを狙っている若手キャスター、ケイラ・ポスピシルは、ロジャーと対面し話す機会を得ていたのでした。

全米を騒がせたセクハラ・スキャンダルの裏側には、何が隠されているのでしょうか…?

FOXニュースセクハラ事件とは?

アメリカのFOXニュースというテレビ局で実際に起ったセクハラ事件。

CEOを務めていたロジャー・エイルズ氏が、女性キャスターグレッチェン・カールソン氏に性的な関係を迫り、それを拒否したカールソン氏を解雇してしまいました。

この件について、カールソン氏は2016年7月にエイルズ氏をセクハラで提訴します。

それを受けてエイルズ氏は7月21日付で、CEOを辞任しました。

その後2千万ドル(日本円で20億4千万円)の和解金を支払ったそうです。

見た方のネタバレ

本作は何が傑出してるかといわれれば、そうしたタイプではないですが、1つづつ映画にかかわる要素がとても丁寧に構築されてる点が印象的でした。

そして変種や撮影ですが、テレビ業界を舞台にした作品といいうことで、テンポ感、クローズアップショットの取り方はロケ映像みてるような錯覚させる作りでした。

そして、第4の壁超えるような劇中のキャラが作品鑑賞してるわたしたちにに問いかけると知多演出が多く取り入れられています。

これによってニュースリポートみてるような感じで作品の世界に入っていくという効果があり、編集テンポも目まぐるしく情報流れてくテレビ意識してかなり早いつくりでした。

そしてこのテンポ感の作品でさらにfoxニュースになじみがない日本人が見て、面白いと思えるような脚本になっていて素晴らしいです。

また、カメラワークもズームアップの方法が特徴的で、俯瞰で撮影しながら登場人物にスポット当ててくときにかッと切り替えるのでなく、

そのままアングルからクローズアップするといったものがテレビっぽさを出しています。

そして編集面だと実際ニュース映像、監視カメラ映像、異なる人物物語など多岐にわたるタイムラインを見事1つの線に集約して理路整然と受け手に伝える技披露しています。

また、本作の見所は衣装、メイクであり、衣装は登場人物置かれる状況。地位など反映したものであり、女性たちが内心で嫌がりながら社内で足見せたファッションしなくてはならない状況もリアルです。

そしてカズ・ヒロが担当した特殊メイクはシャーリーズセロンをまさにメーガーンケリーそっくりに仕上げてます。

今回彼は3Dスキャナプリンターを使って、セロンの顔徹底的に分析して彼女の演技が最大限生きてメーガンの特徴の花最大限再現する解いたタスクに取り組んだみたいです。

縁起支障きたさないで、見た目完ぺきというタスクを見事舌手腕は評価にあたいします。

そして、特殊メイク以外に通常のメイクも本作は優れていてメイクみるだけで登場人物の立場の変化など描かれずとも彼女たちに何起きたのか伝わります。

ケイラ・ポスピシルのメイクの変化は大事で彼女がロジャーエイルズにキャラとして抜擢されるに至る実情は描かれません。

ですが、その苦しくみ覆い隠すかのように彼女は終盤にかけメイクが濃くなって行きます。

ですが、その苦しみ抱えきれなくて、友人に相談して暖かな言葉かけてもらったとき涙こぼれて、そのメイクが崩れていくのです。

見た方の感想

男性

スピード感があり、目を離さずに集中して観ないと序盤は特に置いていかれます笑誰が誰なのかも集中しておかないとたまに、誰だっけ?なんの人だっけ?となります。そこは気をつけて観たほうが良いです!アカデミー賞の主演女優賞をとったシャーリーズ・セロン(メーガン・ケリー)メインの彼女の演技はやはり凄いです。でも、マーゴット・ロビー(ケイラ)の演技もかなり凄くて、こちらも賞を取っても良かったんじゃないか?と思いました。実際にあった事件の話なので、事前にウィキペディアなどで調べていくとすんなり内容が入ってくると思います。そして、セクハラ問題は私たちにとって切っても切り離せない最悪の問題ですが、それをこのように面白く映画化してしまうのは素晴らしいなと思いました。ただ、これがずいぶん昔の話ではなく、ここ何年かの話なんだと思うと、セクハラ問題は世の中から無くすのはいかに難しく、境界線が曖昧か考えさせられます。社会に進出している女性には特に観て欲しい映画です!

男性

私は男性でしたが、セクハラやパワハラに悩まされる女性が描かれているこの映画にとても共感できました。特にまだまだセクハラに対して認識が甘かった時代の出来事を基にした映画なので、周りの人も見てみぬふりをしているところが非常に腹が立ちました。キャストもみなさん素晴らしかったのですが、特に良かったのがシャーリーズ・セロンです。彼女はマッドマックスという映画でフュリオサという女戦士を演じていましたが、この映画の中でもまるで戦士のように男社会に立ち向かっていくような強さを見せています。もう男の言いなりにはならないと決意したときの表情の変わり方や反撃に転じる時の声のトーンの変わり方など、見ていて手に汗握るほど緊迫感が伝わってきて良かったです。マーゴット・ロビーは映画の前半から後半にかけて、セクハラを受けたことによってどんどん険しい表情になりメイクも濃くなっていくというやさぐれ具合が上手く表現されていて良かったです。演技はもちろんのこと、美術スタッフやメイクアップスタッフの力も非常に強い映画だと思いました。

Sponsored Links

4 映画『スキャンダル』のキャストは?

シャーリーズ・セロン メーガン・ケリー役

実在の人気キャスターであるメーガン・ケリーを演じるのは、シャーリーズ・セロン

モデルコンテスト出身、バレエダンサーを目指してレッスンをしていたこともあり、スレンダーで美しい体が目を引くシャーリーズ・セロン。

膝の怪我がきっかけで女優に転身してからは、「モンスター」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」など話題の作品に多数出演しています。

ニコール・キッドマン グレッチェン・カールソン役

テレビ界の重鎮を提訴したことで話題となった実在のキャスター、グレッチェン・カールソンを演じるのは、ニコール・キッドマンです。

様々な作品に出演し、演技派との呼声も高い彼女。

その一方で、映画のプロデューサーとして活動したり、女性や子どもの権利を守るための活動に力をいれていることでも知られています。

マーゴット・ロビー ケイラ・ポスピシル役

若手ながら貪欲にメインキャスターの座を狙うケイラ・ポスピシルを演じるのは、マーゴット・ロビー。

「スーサイド・スクワット」のヒロイン役で一躍話題の女優となりました。

主役をつとめた「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」ではアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、実力派の女優といえるでしょう。

Sponsored Links

まとめ

映画「スキャンダル」についてまとめてみました。

予告の映像だけでも3人の女性の間に流れるピリッとした緊張感に見ている方もドキドキしてしまいます。

実際に起きた事件なので、ニュースで見たことが本当なのか、隠された裏側があるのかどうか、映画で確かめてみたいですね。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)