ジュラシックワールド3のネタバレやあらすじ!海外の反応やドミニオンの意味とは?

大勢の観光客でにぎわう恐竜のテーマパーク「ジュラシック・パーク」。

園内の恐竜は安全に管理されていた・・・しかし凶暴化した恐竜が、次から次と人間たちに襲いかかるのでした!

ジュラシック・シリーズは、バイオテクノロジーで蘇った恐竜たちによる惨劇を描いたモンスターパニックムービーです。

Sponsored Links



ジュラシック・シリーズのみどころ

Jurassic(ジュラシック)とは恐竜が一番繁栄した時期である「ジュラ紀」の意味合いがあり、恐竜を多数よみがえらせて集めたテーマ施設が「ジュラシック・パーク」なのです。

このテーマパークに、バイオテクノロジーによって現代に甦った恐竜たちを小さな島で放し飼いにしていましたが、ある日から完全制御の不備により恐竜たちが人間を襲い始めたのです。

映画に登場する恐竜たちは最先端のCGやVFXで作られ、その動きと臨場感は恐竜の世界を見事に再現させ、牙をむいた口からヨダレが滴り落ちる様は実にリアルです。

人間が恐竜たちに襲われるだけでなく、恐竜VS恐竜の戦いも見どころでそのド迫力とハラハラするストーリー展開は、恐竜映画の傑作といえます。

ジュラシック・パーク旧3部作&ジュラシック・ワールド新3部作

恐竜映画『ジュラシック・パーク』はマイケル・クライトンのSF小説をスティーブン・スピルバーグ監督で映画化され、 1993年の初公開で大ヒットを記録し1997年に第2作目、2001年に第3作目とシリーズ化されました。

第1作目は、南米コスタリカの沖合いに浮かぶ島が舞台で、そこには太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学によって蘇った恐竜たちが生息するアミューズメント・パークでした。

だがオープンを控えたその“ジュラシック・パーク”に次々とトラブルが襲いかかり、ついに檻から解き放たれた恐竜たちは一斉に人間に牙を剥き始めたのです。

シリーズは『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』『ジュラシック・パークIII』の旧3部作と「ジュラシック・ワールド」の新3部作で構成され、2015年に新シリーズ1作目の『ジュラシック・ワールド』2018年には「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が公開されました。

新シリーズ/ジュラシック・ワールドの見どころ

ジュラシック新シリーズは、ジュラシック・パークの事件から22年後が描かれ、パークは新たな所有者により、恐竜と至近距離で触れ合うことができる高級リゾート地「ジュラシック・ワールド」として再建されました。

パークの目玉恐竜として新種のハイブリッド恐竜 “インドミナス・レックス” が遺伝子操作により生み出されていたが、飼育地から逃走したことからパークは混乱に陥ります。

Sponsored Links

ジュラシック・ワールドのキャスト

クリス・プラット/オーウェン・グレイディ役

動物調教師役のクリス・プラットは近年アクション映画の出演が多く『ガーディアン・オブ・ギャラクシー:リミックス』や『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』、そしてジュラシックシリーズ3部作と多忙を極めている俳優さんです。

プライス・ダラス・ハワード/クレア・ディアリング役

1作目でパークの運営者でしたが、2作目から動物保護団体の代表クレアを演じたプライス・ダラスは父であるロン・ハワードの影響で短編映画も執筆し監督業にも進出しています。

笑顔が素敵で、透き通るような肌がとてもキレイな女優さんです。

そして新3部作目の「ジュラシック・ワールド/ドミニオン」の製作が発表されました。

Sponsored Links

ドミニオンとは?

新3部作目のタイトル「ドミニオン」とは、支配権や領土という意味があり恐竜と人間のあいだで地球の支配権をめぐって争いが起きることが予想されます。

最新作3・ドミニオンには、なんと1993年に公開されたシリーズ第1作目の『ジュラシック・パーク』のオリジナルキャストが再登場するみたいです。

第1作目のオリジナルキャストの3人は、サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラムの顔ぶれです。

海外での反応と、シリーズ最新作は賛否両論に?

最新作2作目の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、全米興行収入ランキングでは5位にランクインしましたが好調な興行に対し、映画評では低い数字が表示されました。

アメリカの映画批評サイト「Rotten Tomatoe」によれば、肯定的なレビューが第2作目の『ジュラシック・パーク/ロスト・ワールド』よりも低い数字となっており、旧第2作目で酷評された内容と同じく「登場人物が前作で描かれた悲劇を繰り返して、体験を学ぼうとしていない!」と、公開前からネット上で議論されたようです。

まとめ

第3作目は前作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の後を描くもので、ストーリーの詳細は未発表だが、ドミニオン(支配権)というタイトルから推測すると、前作で檻から解放された恐竜たちが自らの領土を支配している状況が描かれるのかもしれません。

映画『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』第3弾は2021年6月11日に全米公開予定。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)