ストレンジャーシングス3(5話)あらすじとネタバレ!デモゴルゴンの登場とゲートの秘密!

ダスティンとスティーブたちは地下に。

エルたちはビリーのなかに蠢く、デモゴルゴンを見つけてしまいます。

そしてビリーはヘザーと共に、他にも多くの住民に仲間に取り込んでいました。

これで一般市民にまぎれた手下たちが、町に放たれてしまう…!

Sponsored Links


ストレンジャーシングス3(5話)あらすじとネタバレ!

急降下する倉庫のなかで、泣き叫ぶダスティンたちだったが、倉庫は止まる。

時間が経過すると、何か怪しい音が聞こえてきて、2人組の男性が現れる。

隠れて様子を見ていると、彼らは倉庫の荷物を積み込むと消えていった。

彼らが帰っていくときに、箱にあった瓶をつっかえ棒にして、隙間から出た。

ダスティンたちは隙間から外に出ることができたが、その瓶は割れて、中の緑の液体が溶け出してしまう。

すると地面から蒸気が出て、溶けていく…怪しい…。

歩きながら、ダスティンとスティーブはこの施設が、デモゴルゴンと闘ったあの施設と関わりがあるのでは、と話し合う。

怪しい男と銃撃戦

ホッパーとジョイスが、バイクの男の行方を調べていると、ヘスの農場が怪しい。

地下を降りていくと2人のロシア語を話す男性がいて、話は通じない。

するとそこへ、あのバイクの男がやってきた。

ホッパーが頭に銃を突きつけると、その男は銃をかわして、ホッパーの体をつかむ。

銃撃戦の末、バイクの男を残して、ロシア語を話す男を連れて、脱出に成功する。

サウナ実験の結果

ビリーから逃げ出したマイクたちだったが、ダスティンと連絡もつかず、ホッパー警部もいないことで、怪しさを感じていた。

これはきっと再びデモゴルゴンが現れたに違いない、と確信する。

するとそこへ、ナンシーとジョナサンがやってくる。

ナンシーは病院で見た、あのおばあさんの出来事を話す。

おばあさんが苦しがっていた時は、ビリーをサウナ室に閉じ込めていた時で、まさにマインドフレイヤ―が痛めつけられていた時だ。

きっと、ヘザーも同じように、憑依されているとエルは伝える。

ヘザーの名前を聞いて、ナンシーとジョナサンは顔を見合わせた。

だとしたら家族も危ない!

急いでヘザーの家へ向かう!

トムたちの行方

ヘザーの家に着くと、薬品の空き缶がたくさんあった。

ヘザーの父は、ナンシーとジョナサンが勤めていた新聞社の編集長・トムだ。

前日の様子から、トムもすでに憑依されているのではないか、と考えたナンシー。

そして、何度も何度も、おばあさんが「戻りたい」と言っていたことに気づく。

彼らはきっとそこにいる。

ウィルは言った。

「おばあさんが戻りたがっているところに、戻らせればいいんだ。」

Sponsored Links

デモゴルゴンの登場

通信室に入ったダスティンたちは、何とそこで、恐ろしいものを見てしまう。

それは、以前よりも大きくなったゲートだった。

何とそこに向かって数人のスタッフが、あの緑の液体の入った瓶を流し込んでいた。

ナンシーとジョナサンが、おばあさんに会いに病室に行くと、手を血まみれにしたトムが。

そこにおばあさんはいなかった。

そして、次々とと、血管を浮き上がらせた人たちが、ナンシーたちに襲い掛かってきた。

走って逃げている間にも、血だらけで亡くなった人の姿が。

襲い掛かってくるトムたちを殺したナンシーたちは、死体がドロドロになって動き出すのを目撃する。

蠢くその液体は、動き出し、他の死体から出たドロドロと合流すると、デモゴルゴンの形になって雄たけびを上げた。

Sponsored Links

まとめ

今回のデモゴルゴン、怖すぎない…?

普通の人間のなかに入りこむのは、シリーズ1.2でもそうだったけど、

それが凶暴な心をもって、襲い掛かってくるのは怖すぎる。

しかも一般市民のなかに紛れ込んでいる恐ろしさ。

これホーキンスの町全体が被害にあっているのだとしたら、マイクたちの敵はどれだけいるのだろう。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)