アナ雪でエルサが力(魔法)をなぜ使えるのか?両親の遺伝説や覚醒なのか考察!

2014年日本で公開し大ヒットした映画「アナと雪の女王」はディズニー史上初のダブルヒロインで、2人のディズニープリンセスを主人公とする作品でした。

あまりの人気に、2015年4月にスピンオフ短編アニメーション「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」、2018年3月に2作目のスピンオフ短編アニメーション「アナと雪の女王/家族の思い出」が公開されました。

大人気の「アナと雪の女王」ですが、ついに2019年11月22日(金)から続編である「アナと雪の女王2」が公開されています。

そんな「アナと雪の女王」ではエルサだけが魔法を使うことが出来ます。

妹のアナは、魔法を使うことはできません。

なぜエルサだけが魔法を使うことが出来るのでしょうか?

気になったので、調べてみました。

Sponsored Links

「アナと雪の女王」のあらすじは?

エルサとアナは美しき王家の姉妹です。

しかし、姉エルサは触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持っていました。

その力で幼いころエルサはアナを意識不明にしてしまいます。

それからエルサは、アナを避け魔法を封じる手袋をして部屋に閉じこもって生活していました。

またこの後2人の両親は、海難事故に遭い死んでしまいます。

しかし、エルサが成人し女王として即位するパーティで、アナとエルサは喧嘩をしてしまいます。

エルサは、秘めていた力を使い真夏の王国を冬の世界に変化させてしまいました。

そしてエルサはノースマウンテンに行き独りで生きていくことを決意します。

行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、アナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていきます。

しかしエルサは、アナを再び傷つけることを恐れ、アナから逃げてしまいます。

Sponsored Links

「アナと雪の女王」のエルサってどんな役?

エルサは、アレンデール王国の第一王女で王位継承者です。

真面目でクール、優雅で優しい性格です。

しかし生まれながらに雪や氷を作り出す魔法の力を持っており、その力で妹アナを傷つけてしまったことで、内向的な性格になり部屋に閉じこもってしまいます。

エルサはなぜ魔法を使えるの?両親の遺伝説や覚醒なの?

生まれながらの魔法の力により、仲の良かったエルサとアナの姉妹の間には溝ができでしまいます。

この魔法の力ですが、なぜかエルサだけが使うことが出来ます。

アナは魔法を使うことが出来ません。

姉妹でありながらなぜエルサだけが魔法を使うことが出来るのでしょうか?

両親の遺伝だとしたら、アナが魔法を使えないのは不自然な気がします。

だとすると、エルサのみが何かのきっかけで突然覚醒したという方が納得いきます。

この疑問は「アナと雪の女王」を見た人ならだれもが思った疑問だと思います。

そして「アナと雪の女王2」のキャッチコピーは「なぜ、エルサに力は与えられたのか―。」です。

実は「アナと雪の女王2」でエルサの魔法の謎が明かされます。

またエルサとアナの両親の死の原因もこの映画で明かされるということです。

実はエルサは、魔法の森とアレンデールをつなぐ架け橋として生まれました。

アナとエルサの祖父である当時の国王によって、アレンデールと魔法の森の住人は戦いをはじめます。

エルサのお父さんは当時子供だったのですが戦いに巻き込まれ意識を失ってしまいます。

それを助けたのが、のちにエルサとアナのお母さんになる魔法の森の少女でした。

なんとか森から逃げ出すことができた2人はアレンデールで暮らすのですが、その2人の間にエルサが生まれます。

しかし魔法の森とアレンデールの戦いは続いたままでした。

エルサはこの戦いを終わらせるため、火の精霊や風の精霊、水の精霊、土の精霊をつなぐ5つ目の精霊として魔法と人間をつなぐ架け橋の精霊としてこの世に生まれてきました。 

この戦いを終わらせるのがエルサの使命でもあったということです。

これがエルサが魔法が使える理由であり、エルサは実は魔法の森の守り神的存在だったのです。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「アナと雪の女王」のエルサの魔法についてお送りしました。

なぜ妹であるアナが使えない魔法をエルサが使えるのか?

この謎の答えは「アナと雪の女王2」で描かれます。

「アナと雪の女王2」は11月22日(金)日米同時公開となっています。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)