ロストインスペース1(Netflix)ネタバレやあらすじ!内容おさらいとキャスト一覧も!

1965年ドラマシリーズ『宇宙家族ロビンソン』をリメイク!

『Netflix』ドラマシリーズ『ロスト・イン・スペース』

植民星に向かったものの、別の惑星に飛ばされてしまった、ロビンソン一家のサバイバルを描くSFアドベンチャー!

2018年4月13日に、配信がスタートしたシーズン1は、初日に300万人を超える視聴者数を記録!

『ロスト・イン・スペース』『シーズン3』製作決定です!

2046年、選別され植民星に向かう『ロビンソン一家』

新天地を求め宇宙へ出発したが、未知の惑星に不時着。

行動を共にすることになった、乗組員『ドン』犯罪者『スミス』

生き残りをかけた戦いが始まった!

ロストインスペース1(Netflix)ネタバレやあらすじ!内容おさらいとキャスト一覧も!

紹介していきたいと思います。

『ロスト・イン・スペース』ネタバレ・あらすじ


『シーズン1』

地球に『クリスマス・スター』と呼ばれる隕石が落ち、灰に覆われ危機を迎える。

選抜された植民者の家族が、植民星に移住しようする。

優秀なエンジニアで母『モーリーン』父の違う長女『ジュディ』次女『ペニー』末っ子で長男『ウィル』

別居中の父で軍人『ジョン』と共に、恒星間宇宙船レゾルートで植民星『アルファ・セントリー』に向かう。

だが、異星人のロボットが、レゾルートを襲撃。

植民者達は、それぞれジュピター型の小型宇宙船に乗ってレゾルートを離れる。

宇宙の裂け目が出現し、レゾルートと多くのジュピター号は、見知らぬ惑星の側に飛ばされる。

一部のジュピター号は、無事に着陸。

ロビンソン家のジュピター2号は、氷河の上に着陸。

ジュディは、氷に閉じ込められる。

壊れた異星人の宇宙船も不時着して、ウィルが自己修復を助けた異星人のロボットは、

ウィルにリンクして忠実となり、ジュディの命を救う。

やがて、ロビンソン家は、他の植民者たちと再会する。

その中には、身分を偽りドクター・スミスと名乗る犯罪者『ジュン・ハリス』

レゾルートの技術者『ドン・ウエスト』もいた。

他の植民者達は、ロボットを恐れるが、逮捕を免れたいスミスは、ロボットを味方に付けようとする。

惑星の奇妙な生物に燃料を食い荒らされて、全てのジュピター号は、離陸が不能となる。

そして、この惑星が、恒星とブラックホールの二重星の周りをまわっていて、

間もなく気温が異常に上昇して、生存不可能となることが分かる。

ロボットの危険性を知ったウィルは、ロボットをやむを得ず破壊する。

しかし、スミスが、ロボットの自己修復を助けて自分にリンクさせる。

ジョンとドンは、ジュピター4号を軽量化して離陸、レゾルートに助けを求めに行こうとする。

スミスは、モーリーンの管制を妨害して、2人の乗るジュピター4号は爆発。

レゾルートに積まれた革新的なエンジンは、隕石であると報道。

異星人の宇宙船から盗まれた物で、ロボットは取り返そうとレゾルートを襲ったことが分かる。

惑星の生物の糞から燃料を合成し、他の植民者達は、それぞれのジュピター号で離陸。

軌道上のレゾルートに、合流する。

スミスの妨害にもかかわらず、ロビンソン家のジュピター2号は、軌道上で漂流するジョンとドンを救出する。

ロボットはウィルを守って、4本腕の第2のロボットと戦い、船外に消える。

ジュピター2号は、不時着した異星人の宇宙船であったクリスマス・スターのエンジンが隠されていた。

これが、宇宙の裂け目を出現させて、

スミス、ドン、ロビンソン家を乗せたジュピター2号は、見知らぬ場所に飛ばされる・・・

『ロスト・イン・スペース』キャスト

モーリーン・ロビンソン『モリー・パーカー』

名前モリー・パーカー(Molly Parker)
出身カナダ・ブリティッシュコロンビア州・メープルリッジ
生年月日1972年6月14日
経歴2016年『エミー賞』ゲスト女優賞(ドラマシリーズ)(ノミネート)
『ハウス・オブ・カード』
2019年『サターン賞』主演女優賞(ストリーミング)(ノミネート)
『ロスト・イン・スペース』

主な出演作品
1995年『ネイティブ・ハート』
1996年『キスト』  
1997年『ハード・テクニック』
1999年『ひかりのまち』『太陽の雫』『イントルーダー 侵入者』
2000年『沈みゆく女』『ジョン・マルコヴィッチのレディース・ルーム』
『ウェイキング・デッド』
2001年『赤い部屋の恋人』
2002年『アドルフの画集』『PURE ピュア』
『レスリー・ニールセンの裸の石を持つ男』
2004年『レッド・イノセンス』
2005年『美しい人』
2006年『ハリウッドランド』『ウィッカーマン』
2009年『ザ・ロード』
2016年『ルイの9番目の人生』『アメリカン・バーニング』
2017年『1922』『スモール・クライム』
2018年『Madeline’s Madeline』

ジョン・ロビンソン 『トビー・スティーブンス』

名前トビー・スティーブンス(Toby Stephens)
出身イングランド・ロンドン
生年月日1969年4月21日
経歴2003年『サターン賞』助演男優賞(ノミネート)
『007 ダイ・アナザー・デイ』
2007年『サテライト賞』主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画)(ノミネート)
『ジェイン・エア』

主な出演作品
1992年『オルランド』
1996年『十二夜』
1997年『妖精写真』
1998年『従妹ベット』
1999年『オネーギンの恋文』
2000年『スペース・カウボーイ』
2002年『抱擁』『007 ダイ・アナザー・デイ』
2006年『ANOTHER アナザー』『サヴァイブ 殺戮の森』
2014年『デッドゲームシティ』『ザ・マシーン』
『The Machine』『Believe』
2016年『13時間 ベンガジの秘密の兵士』
2018年『ハンターキラー 潜航せよ』

ウィル・ロビンソン 『マックス・ジェンキンズ』

名前マックスウェル・ジェンキンス(Maxwell Jenkins)
出身アメリカ・イリノイ州・シカゴ
生年月日2005年5月3日
経歴3歳の時に、父親が主催するサーカス劇団の舞台に出演。
2014年ドラマ『裏切りの二重奏』8歳で俳優デビュー。
『Sence8 センス8』『シカゴ・ファイア』『NCIS:ニューオーリンズ』
などのドラマに出演。
2019年『サターン賞』助演男優賞(ストリーミング)(ノミネート)
2019年『ヤングアーティスト賞』若手俳優賞(ストリーミングシリーズ・映画)
(ノミネート)『ロスト・イン・スペース』

主な出演作品
2015年『Consumed』
2016年『俺たちポップスター』『ファミリー・マン ある父の決断』

ジュディ・ロビンソン『テイラー・ラッセル』

名前テイラー・ラッセル(Taylor Russell)
出身カナダ・ブリティッシュコロンビア州・バンクーバー
生年月日1994年7月18日
経歴子供の頃から、舞台芸術(パフォーミングアーツ)に熱中。
高校卒業後、女優として活動。
『フォーリング・スカイズ』『未開の帝国:立ち上がる女性達』などのドラマに出演。
『第47回 サターン賞』助演女優賞(ストリーミング)
(ノミネート)『ロスト・イン・スペース』
2020年『ブラックリール賞』助演女優賞(映画部門)(ノミネート)
2020年『ブラックリール賞』ブレイクスルー演技賞(女性部門)(ノミネート)
『第29回 ゴッサム・インディペンデント映画賞』ブレイクスルー演技賞
(ノミネート)
『第35回 インディペンデント・スピリット賞』助演女優賞(ノミネート)
『WAVES/ウェイブス』

主な出演作品
2013年『If I Had Wings』
2015年『Suspension』
2017年『ビフォア・アイ・フォール』
2018年『ダーク・スクール』『Hot Air』
2019年『エスケープ・ルーム』『WAVES/ウェイブス』
2020年『エスケープ・ルーム2』

ペニー・ロビンソン『ミナ・サンドウォール』

名前ミナ・サンドウォール(Mina Sundwall)
出身アメリカ・ニューヨーク州・ニューヨーク市
生年月日2001年10月23日
経歴生後8カ月でデビュー。
幼少期をヨーロッパで過ごす。
2014年ドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』ゲスト出演。

主な出演作品
2014年『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』
2015年『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』
『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』『#Horror』

ドン・ウエスト 『イグナシオ・セリッチオ』

名前イグナシオ・セリッチオ(Ignacio Serricchio)
出身アルゼンチン・ブエノスアイレス
生年月日1982年4月19日
経歴『ジェネラル・ホスピタル』『ゴースト 〜天国からのささやき』
『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』『イーストエンドの魔女たち』
『アメリカン・ダッド』などのドラマに出演。
2019年『PRODU Awards』主演男優賞(シリーズ・スーパーシリーズ)
(ノミネート)『El Recluso』

主な出演作品
2005年『States of Grace』
2008年『Cold Play』『Keith』
2011年『REC レック ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇』
『Seymour Sally Rufus』
2015年『ベストマン シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間』
2018年『運び屋』

ジュン・ハリス/ドクター・スミス『パーカー・ポージー』

名前パーカー・ポージー(Parker Posey)
出身アメリカ・メリーランド州・ボルチモア
生年月日1968年11月18日
経歴2001年『チェーンソー賞』助演女優賞
『スクリーム3』
2002年『ニューヨーク映画批評家協会賞』助演女優賞(ノミネート)
『第18回 インディペンデント・スピリット賞』主演女優賞(ノミネート)
『Personal Velocity: Three Portraits』
2003年『ゴールデングローブ賞』助演女優賞(シリーズ・ミニシリーズ・映画部門)
(ノミネート)『Hell on Heels: The Battle of Mary Kay』
2007年『サターン賞』助演女優賞(ノミネート)
『スーパーマン リターンズ』
『第23回 インディペンデント・スピリット賞』主演女優賞(ノミネート)
『ブロークン・イングリッシュ』
2008年『クロトゥルーディス賞』主演女優賞(ノミネート)
『フェイ・グリム』
2019年『サターン賞』助演女優賞(ストリーミング)(ノミネート)
『ロスト・イン・スペース』

主な出演作品
1993年『Joey Breaker』『コーンヘッズ』『バッド・チューニング』
『The Wake』『Description of a Struggle』
1994年『Dead Connection』『愛・アマチュア』
『スリープ・ウィズ・ミー』『ミックス・ナッツ/イブに逢えたら』
1995年ドゥーム・ジェネレーション『パーティーガール』『Drunks』
『Frisk』『FLIRT/フラート』『彼女と僕のいた場所』
1996年『デイトリッパー』『バスキア』『Waiting for Guffman』
『SubUrbia』
1997年『ストーム』『Clockwatchers』『ヘンリー・フール』
『Dinner at Fred’s』
1998年『What Rats Won’t Do』『The Misadventures of Margaret』
『ユー・ガット・メール』
1999年『The Venice Project』
2000年『スクリーム3』『ドッグ・ショウ!』
2001年『プッシーキャッツ』『アニバーサリーの夜に』
2002年『Personal Velocity: Three Portraits』
『クリスティーナの好きなコト』
2003年『The Event』『みんなのうた』
2004年『Laws of Attraction』『ブレイド3』
2005年『Adam & Steve』
2006年『ミーシャ・バートンのSex in Ohio』
『スーパーマン リターンズ』
『For Your Consideration』『フェイ・グリム』
2007年『ブロークン・イングリッシュ』
2008年『アイズ』
2009年『スプリング・ブレイクダウン』『最強のきずな』
2011年『Inside Out』『Sunny Side Up』
2012年『Price Check』
2013年『Highland Park』『And Now a Word from Our Sponsor』
『ブレンダン・フレイザーのエリートをぶっとばせ!』
2014年『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
『ネッド・ライフル』
2015年『教授のおかしな妄想殺人』
2016年『カフェ・ソサエティ』『The Architect』
『My Art』『Mascots』
2017年『コロンバス』
2018年『Mr.&Mrs.フォックス』
2019年『Elsewhere』

Sponsored Links

『ロスト・イン・スペース』内容おさらい

『モーリーン・ロビンソン』優秀で勇敢なエンジニアの母親。家族での移住を決断をする。

『ジョン・ロビンソン』海兵隊員で、父親。

『ウィル・ロビンソン』ロビンソン家の末っ子で、長男。

『ジュディ・ロビンソン』ロビンソン家の長女で、医療訓練を受けている。母親の前夫『グラント・ケリー』との子供。

『ペニー・ロビンソン』ロビンソン家の次女。

『ドン・ウエスト』レゾルートの乗員

『ジュン・ハリス/ドクター・スミス』姉のふりをしてレゾルートに乗り込み、混乱に乗じてドクター・ハリスの名をかたるようになった犯罪者。

#1『衝撃』Impact

宇宙のコロニーを目指して地球を出発したものの、未知の惑星へ不時着してしまったロビンソン一家。

命の危険にさらされ不安な夜を過ごす。

#2『空に浮かぶダイヤモンド』Diamonds in the Sky

知り合ったばかりの謎の仲間とともに、ロビンソン一家が宇宙船を復旧する。

他の船が墜落し、惑星に新たな入植者がやって来る。

#3『侵入者』Infestation

惑星に来ることになった経緯を思い出すドクター・スミス。

船の燃料の急激な減少を食い止めようと、力を合わせるロビンソン一家。

#4『ロビンソン一家参上』The Robinsons Were Here

ジョンとモーリーンは、別の生存者家族の元を訪れる。

ジュディは、レゾルートで何が起こったのかを知り、ウィルは友達を守ろうと奔走する。

#5『伝えたいメッセージ』Transmission

生存者らが協力して、レゾルートとの交信用タワーを立てている間、惑星の異常を調査するモーリーン。

ウィルは、父親に本当のことを話そうとするが・・・

#6『追悼』Eulogy

真実をみんなに伝えるべきか悩むモーリーン。

一行はドンの手引きで燃料を捜すミッションに出る。

ロボットの存在が生存者の間に対立を引き起こす。

#7『プレッシャーとの戦い』Pressurized

着々と秘密の計画を進めるドクター・スミス。

惑星のいたるところで活発になり始めた地震活動が惨事をもたらし、2つのチームが苦渋の決断を迫られる。

#8『軌道を目指して』Trajectory

モーリーンが燃料問題の解決策を見つけるが、それを実行するには様々な問題が立ちはだかる。

自分の正体がバレたことを知るドクター・スミス。

#9『それぞれの復活』Resurrection

ジュディはモーリーンを捜しに出かけ、ウィルとペニーはわずかな望みを託して洞窟へ向かう。

一方のドクター・スミスは、新たな脱出計画を目論んでいた。

#10『迫りくる危険』Danger, Will Robinson

レゾルートが軌道を離れる時が刻一刻と近づく中、ロビンソン一家は惑星を出発。

ドクター・スミスの企みを阻止しようと力の限りを尽くす。

製作総指揮を務める『ザック・エストリン』

『シーズン3』で、完結することに関して

『このドラマを始めたときから、ロビンソン一家の物語を3部作と考えていました。』

ファイナルシーズンに関して

『ロビンソン一家や、乗組員のドン、ドクター・スミス、そしてロボットたち皆が、力を合わせて生き残ろうとしてきました。』

『『ロスト・イン・スペース』は、大興奮の結末に向かっています。』

ザックは、本作とは異なるテレビシリーズを開発するため、新たに数年間の包括契約を『Netflix』と結んでいます。

『この先にある素晴らしい可能性を目指して、Netflixの仲間たちと新たな物語を探求することにワクワクしています』

Sponsored Links

まとめ

ドラマシリーズ『ロスト・イン・スペース』を、まとめてみました。

最新作『シーズン3』は、『2021年』配信予定です!

シーズン3が、ファイナルシーズンになります!

過酷な環境の中、生き残りをかけた戦いに挑む姿が描かれた作品です!

『テイラー・ラッセル』『ミナ・サンドウォール』『マックスウェル・ジェンキンス』の演技が楽しみですね!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)