花束みたいな恋をしたのロケ地(撮影場所)や目撃情報!小説の内容やあらすじは違う?

今回紹介するのは、来冬に公開予定の映画『花束みたいな恋をした』についてです。

今作は、ドラマ『東京ラブストーリー』、『Mother』、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』などのヒット作を連発した坂本裕二さんのオリジナル脚本主人公二人を演じるのが人気若手俳優の有村架純さん、菅田将暉さんということで、大変注目されている作品です。

ここから、映画『花束みたいな恋をした』について、ロケ地や目撃情報、小説の内容やあらすじといった観点で紹介していきます。

Sponsored Links


映画『花束みたいな恋をした』ロケ地(撮影場所)や目撃情報は?

ここでは、映画『花束みたいな恋をした』のロケ地(撮影場所)や目撃情報についてご紹介していきます。

参考に、ロケ地や目撃情報などについてのツイートをご紹介していこうと思います。

映画『花束みたいな恋をした』は、設定としては明大前が舞台になっているようです。

また、明大情報局というアカウントのツイートによると、実際に明大前での撮影もあったようですね。

上記はFLYDAYの記事です。

主演の菅田将暉さんと有村架純さんの距離感が大変近く、親密なように見える、付き合っているとしか思えないという内容の記事でした。

ちなみに、場所は上野にある国立科学博物館だそうです。

また、えび寿屋のTwitterアカウントが映画のロケ現場に弁当を配達したという旨のツイートをしています。

公式サイトを見てみると、都内23区ならどこでも配達を利用することができるようです。

つまり、どこで撮影があった時に配達をしたのかまでは、わかりませんね。

また、こんなツイートも見られました。

上記のツイートから、関東(主に都内)にてエキストラに参加した人、上野公園で撮影を見かけた人などがおられました。

どうやら、地方ロケなどはあまりなく、関東(主に都内)付近で、確実にロケを行っていたのは上野公園、上野科学博物館、明大前といった感じでしょうか。

また、上記のツイートから、二人は2月25日にもうクランクアップしており、映画自体の撮影は終わっていることを示しています。

自分たちが知っている場所が映画でどのようにうつっているのか、目撃できるのが楽しみですね。

映画『花束みたいな恋をした』小説の内容とあらすじは?

ここでは、映画『花束みたいな恋をした』の小説の内容とあらすじについて紹介していきます。

今作は、最初のご紹介でも言ったように小説が原作になっているタイプではなく、坂元裕二さんのオリジナル脚本となっています。

つまり、内容は全く想像もつきません!

映画『花束みたいな恋をした』公式サイト

http://hana-koi.jp/

次に、あらすじを紹介していきます。

と言いたいところですが、あらすじはまだ発表されていません。

物語のコンセプトとしては、坂元さん自身は「憧れでも懐かしさでもない、現代に生きる人々のためのラブストーリー」「2人の男女がただ恋をする5年間を純粋に描きだしたストーリー」という風におっしゃっています。

ひょんなことから出会った二人(菅田将暉、有村架純)が純粋に恋をし、壁にぶち当たり、また燃え上がり、そして散っていくのか?幸せになるのか?というような一般的恋愛ドラマのようになるのでしょうか。

わかりませんが、まずはあらすじが公開されるのを楽しみに待つしかありませんね。

Sponsored Links

まとめ

ここまで映画『花束みたいな恋をした』について、いろいろとご紹介してきました。

まだまだ情報が解禁されていないということで、楽しみがいっぱいですね。

公開までしばし待ちましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)