ライブリポート(映画)ネタバレやあらすじ!海外の評価やエッカートの演技評価も!

今やネット配信、LIVE映像、SNS。。。と日常生活の中にこういったものが多く活用され、それが生活の一部となっています。

今回は警察官の誘拐事件捜査の様子を64分、生配信といったリアルな状況を体感できる映画『ライブリポート』についてあらすじ、海外評価はどうなっているのか、そして主役の警官をつとめる『アーロン・エッカート』の演技に関する評価等を解説していきたいと思います。

Sponsored Links



『ライブリポート(映画)』はどんな映画なの?

あらすじ大公開!

~ネタバレ注意!!~

予告編は

「生配信の為、衝撃的な映像が流れる可能性があります」

という注意喚起から始まる。
その直後に水が流し込まれた透明の箱に閉じ込められ、恐怖に泣き叫ぶ少女の映像が警察の元に届く。

一人の少女の誘拐事件発生。
誘拐された少女を救出しようと正義感あふれる警察官、ペニーが命をかける。
そこに配信サイトPeaple.comで働く熱血リポーターのエイヴァが、「視聴者の力も借りながら誘拐された少女を見つけ出すことができるから捜査に協力させてくれ」と追跡捜査の生配信を許可するようペニーに求める。

「64分後に少女は死ぬ」

少女を救うために与えられた制限時間はわずか「64分」

「視聴者が協力してくれる」

ペニーはそんなエイヴァの執念に折れ、ペニーの捜査中継を撮り続け一緒に事件の真相に迫ことに。
SNSで拡散されていく映像は、視聴者が視聴者を呼び、テレビ局も巻き込んで無限大に広がっていく。

視聴者からの助言を得て場所を特定したかに思えたが予想は外れる。
正しい情報と誤情報が絡み合う中、やがて発覚するペニーに関わる過去の事件。
少女の行方を捜すペニーが実は過去に子供を殺していたことが判明。
事件は急展開

彼は信頼できる警察官なのか?それとも殺人鬼の顔を持つ彼が犯人なのか?そして64分というタイムリミットの意味は何なのか?

全く予想できないラストシーン。
すべてはラスト2分に展開する。
誘拐事件を『リアル配信』していく、緊張感のある映像が最後まで観客を魅了する。

よりリアルを体感できる、『スマホ生配信』

この映画の見どころは、まさにリアリティを体感できる『スマホ生配信』の画面だけで構成されているポスタービジュアルです。

特に「放送禁止の捜査生配信」というフレーズは、通常では見ることができないものが見えてしまう、ということを連想させ、いっそう観客の心拍数を上げる。
規制のかかっていない刺激的な生配信映像が続く中、捜査はリアルタイムに進んでいきます。

そしてラスト2分

放送事故発生・・・

ラストが大変気になりますね。

海外の評価は?

アーロン・エッカートはこの作品の主演に選ばれた際、

「監督が私は死ぬほど大好きだ。彼ほどスピード感をもって作品を撮って的確な指示をできる監督はなかなかいない」

と太鼓判を押していた。

警官の視点と撮影されるカメラの2視点で構成されるというオリジナリティある脚本が届けられたのは若手新進気鋭監督のスティーヴン・C・ミラーだった。「彼ならこの作品を素晴らしい形にしてくれる。作品に内包させたいメッセージを説教くさくなく映画を見終った後に自然に感じられるようにしたかったんだ。彼に頼んで正解だったよ。」とプロデューサーのクレイグ・チャップマンは語る。

同じ業界の監督、プロデューサーからも高い評価を受けていることが分かる。

“Ask him how it feels to lose everything.”
個人的にはスピード感が前面に出ている間延びを感じさせないアクション映画として成り立っていると思えるのだけれどもamazon.comに寄せられたレビューを読むと24%の方が☆1を付け、その上ミソカスな評価を下している。

勿論観る人によって評価は様々だが、この作品を気に入ってくれた観客は大絶賛だ。

Sponsored Links

『アーロン・エッカート』の気になる演技評価は?

あの有名映画で一気に人気上昇!

正義感の強い警察官、から思い出される役といえば、『クリストファー・ノーラン』監督のバッドマン三部作の第二作『ダークナイト』で、悪が蔓延る街ゴッサム・シティで「光の騎士」とされる新米検事、ハッピー・デント役を見事に演じました。

このハービー・デントは表の顔と裏の顔がある「トゥー・フェイス」がニックネーム。
二面性を持つ点では非常に高度な演技力が求められるが、エッカートは見事に演じきりました。

今回の『ライブレポート』ではどんな演技が期待される?

そのことから、今「正義感あふれる警察官」「子供を殺した殺人犯」と二つの顔を持つ役を演じなければなりません。
尚且つ、本当に殺人犯なのか?とミステリアスな一面を持ちながらも、少女を助けるため懸命に捜索する警察官、そして今回は捜査の中継が‶生配信”され続けるシチュエーションの中、両方を演じ続けなければなりません。

激しいアクションもありつつ、より状況をリアルに表現できる彼の演技力は、海外でも多くの人に認められています。

「TVシリーズにいくつか出演した後、1997年にその大学時代の友人、ニール・ラビュートの監督デビュー作『In the Company of Men』での演技が評価され、インディペンデント・スピリット賞新人俳優賞を受賞しました。以降、ほとんどのラビュート監督作に出演しています。」

その後数々の映画に出演、いづれも大ヒット作品である。

Sponsored Links

まとめ

今回の映画はどんな『生配信』になっているところが楽しみです。

ペニーは本当に子供を殺していたのか?
犯人いるのか?
最後の2分の間にどんな放送事故が起きるのか?

気になることばかりです。
普段の映像では体感できない、ハラハラ、ドキドキなサスペンスストーリーとなっています。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)