梨泰院クラス(1話)ネタバレあらすじ!セロイとグンウォンの最悪な出会い!暴力沙汰で父親の言葉が感動すぎる!

韓国では2020年1月より放送され、高視聴率だったドラマ、梨泰院クラス!

主人公のパク・セロイがかっこいいと大評判でした。

当記事ではそんな評判の良かった梨泰院クラスの1話をご紹介します。

Sponsored Links

『梨泰院クラス 』はどんなドラマ?

ソウル 梨泰院(イテウォン)という国際色豊かな街を舞台にそれぞれの価値観で不合理な世の中と戦っていくサクセスドラマ!!

Web漫画が人気を博し、ドラマ化となった大ヒット作品です。

今回はその大ヒットとなったドラマの1話をご紹介します。

Sponsored Links

梨泰院クラス 1話』のあらすじは?

このドラマはチョ・イソ(キム・ダミ)がカウンセリングを受けているシーンから始まります。

「寝る前にどんなことを考えますか?」

そんなカウンセラーの質問に対し、「生きるのが面倒だと言えばいいのかな・・・?」と自分の気持ちを淡々と答えるイソ。

その中でイソの社長へも相談したが、社長は「そんなに面倒なら、死ね」と言われたと話しますが、カウンセラーはその社長を「無責任だ」と非難します。

イソはそんな非難を遮り、仕事に戻ると席を立ち、去ります。

15年前の学生時代

ここから場面は転換し、15年前に戻ります。

主人公である青年パク・セロイ(パク・ソジュン)はこの日、警察大学の体力テストに向かって駅を歩いていました。

そこで物乞いをするホームレスの手を振り払い、去るオ・スア(クァン・ナラ)を目撃し、謝るよう呼び止めます。

オ・スアは謝罪するどころか、「いい気分?自分がいい人みたいで」とセロイへ皮肉を言って去っていきます。

一方、セロイの父であるパク・ソンヨル(ソン・ヒョンジュ)は務める会社 長家(チャンガ)でソンヨルが担当する孤児院(ケナリ園)への支援をなくすことを会長が決めたと聞きます。

ソンヨルの本社への異動により引っ越したセロイは、ソンヨルと共にケナリ園を訪れるが、そこで駅で会ったスアと再開します。

ソンヨルを慕うスアは、セロイが息子であることを知り、仲良くしようとセロイに話しかけます。

しかしセロイは「人助けが感じ悪いのか?父はお前を助けている」と応酬し、スアは怒り去っていきます。

転校初日に人生の転機

仲の悪いまま二人は別れましたが、翌日に転校したクァンジン高校でスアとクラスメートとして再び会うこととなります。

席が隣同士となり気まずい思いをしている時、チャンガの会長を父に持つチャン・グンウォン(アン・ボヒョン)がクラスメートをイジメ始めます。

誰もイジメを止めない中、セロイは止めようと席を立ちますが、スアに彼はソンヨルが務める会社の会長の息子であるため、関わらない方が良いと告げられます。

しかし、正義感の強いソンヨルはスアの制止を聞かず、イジメを止めるようグニョンへ言います。

グンウォンはセロイの制止を聞かず、「ここでのルールは俺が王である」と言いイジメを止めません。

そこに担任の先生が登場するが、イジメを黙認する始末。

セロイはその状況に怒り、グンウォンを殴ってしまいます。

グンウォンを殴ってしまったため、セロイは校長室に連れて行かれます。

その後、校長室にはグンウォンの父であるチャン・デヒ(ユ・ジェミョン)会長とセロイの父ソンヨルが訪れます。

デヒはセロイへ学校の校則に従うなら退学だが、退学を免れることも可能だと言います。

さらに「自分の過ちは自ら許しを請うものだ」と土下座での謝罪を要求します。

セロイは謝罪の要求に対し、

「過ちを犯したら罰を受けるべきでしょう。父にそう教わりました。」

「それから、人は信念を持って生きろとも言われました。」

殴ったことに対しては罰を受けるべきだが、グンウォンに対しては申し訳ないと思っていないため謝罪しないそれが信念だと、セロイは退学を受け入れます。

デヒはソンヨルに対し、このまま気まずい思いをして会社で働けるのかと迫りますが、ソンヨルは家訓通りに生きるセロイを誇りに思い、退職を選択するのです。

退学、退職となった親子はその日の夜に居酒屋で食事をします。

セロイは自分がしてしまったことで父親が退職になってしまったことに悔やみ謝罪をしますが、ソンヨルは自分は家訓である信念を持って生きることができなかった。

セロイにはこれからも家訓の通り信念を貫いて堂々と生きて欲しいと伝えます。

翌日、ソアが働くコンビニ先にソンヨルが現れます。

ソアはソンヨルにソアの授業料を代わりに払ったことについて問いただします。

しかしソンヨルはスアが誇らしいから払う、大学を出て成功したら倍に返せばいいと受け入れるように諭します。

スアはそれを受け入れ、成功したら3倍にして返すことをソンヨルと約束した。

ソアの大学面接

ソアは大学面接日に受験票を家に忘れたため、大学まで必死に走ります。

そこにセロイが現れ、「俺についてこい」とスアを助けます。

セロイのおかげで面接に間に合ったスアは、無事面接を終えて会場を後にします。

会場を出るとセロイが待っており、まだ仲良くなれるかと不器用にスアと仲直りをします。

セロイは仲良くしようと思った理由をスアが助けられるのは嫌いだから、助けを求める人も嫌いなことを分かったからだと打ち明けます。

スアは同情は人を見下して自分を慰める馬鹿げた感情だけどソルヨンは違うと笑います。

セロイは番号交換をスアへお願いするが、スアは交換の承諾はするが「好きになってはダメ」とセロイへ伝えます。頑固な男は女を苦労させるからと、好きにならないで欲しいと釘をさします。

セロイは人間の心は予測不可能だとはぐらかします。

父との人生スタート

その後、退学処分になったセロイは、高卒認定試験の勉強をしながらもソンヨルの夢であった店オープンに向けて準備を手伝います。

高校退学、退職と大きなことがあったが、変わらない日常に複雑な思いだが生きていればいいと、ソンヨルとスアと共に笑いながらセロイは思います。

変わらない日々が続くはずか・・・

ある日ソルヨンは買い出しに出かけます。

しかし、その帰り道にひき逃げ事故に遭い、亡くなってしまいます。

突然の死に悲しみに暮れるセロイは葬儀を行いますが、葬儀場に刑事オ・ビョンホン(ユン・ギョンホ)が訪ねてきます。

ひき逃げをした犯人が自首してきたことと、示談を求めていることを説明してきます。

セロイは父親の命をお金で測るのかと絶望し、打ちひしがれます。

刑事が置いていった資料をスアが見ると資料に乗っている写真には、グンウォンが所有する車が写っていました。

それを聞いたセロイはスアの制止も聞かず、グンウォンを探しに葬儀場を出ます。

クァンジン病院でグンウォンを見つけたセロイは、グンウォンの父であるデヒは「自分の過ちは自ら許しを請うものだ」と言ったのになぜグンウォンはそうしないのかと思います。

セロイはなぜすぐに病院へ連絡しなかったのか、グンウォンでなくなぜ他の人が罰を受けるのかと殴り攻めます。

グンウォンはセロイへ謝罪しますが、謝罪する相手はもういない、死んで父親に謝罪しろと大きな石を持ちグンウォンに向けて振りかざします。

Sponsored Links

『梨泰院クラス 1話』のキャストは?

次に第1話で登場したキャストについて紹介します。

パク・セロイ役 / パク・ソジュン

信念を貫き高校退学となるが、父をチャンガ会長の息子のせいで亡くす正義感の強い青年。

2011年にデビューし、今までに様々なドラマに出演。

覇気のある若者の役から完璧主義者の役まで幅広くこなし、魅力ある若手俳優!!

オ・スア役 / クォン・ナラ

孤児院で育ち、負けん気の強い女の子。

セロイの初恋の相手でもある。

2012年、6人組のアイドルグループ「HELLOVENUS」でアイドルとしてデビュー

2017年、ドラマに初めて出演し、数々のドラマに挑戦し女優として活動の幅を広る。

2019年に出演したドラマ「ドクタープリズナー」をきっかけにSBS演技大賞で新人賞を獲得した期待ある女優!!

チャン・デヒ役 / ユ・ジェミョン

飲食業界の最大手チャンガの会長。権威主義者。

自分が選択したことは全てが正しかったと慈悲のない権力者。

敏腕刑事や、優しいお父さんなどを演じており悪役の印象が薄い俳優。

実年齢よりも高い役でもあることから衝撃を受ける人も…

Sponsored Links

まとめ

待望のドラマ梨泰院クラスの第1話はいかがでしたでしょうか?

テンポの速いストーリ展開と衝撃的なラストに続きが気になったのではないでしょうか。

作者も次の展開に期待が高まるドラマとなりました。

セロンがうざいと思った方もいると思いますが、今後これが非常に大きな武器になっていきます。

次回の記事もこうご期待!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)