TheUpside最強のふたり(映画)ネタバレあらすじや海外の評価も!【ハリウッドリメイク版】

ハンディキャップを持つちょっと偏屈な大富豪フィリップと、スラム街出身の無職の男デル。

住む世界が全く違うふたりの友情が感動を呼び大ヒットしたフランス映画『最強のふたり』をハリウッドがリメイク!

豪華キャストで生まれ変わる『THE UPSIDE最強のふたり』がいよいよ日本で劇場公開されます。

オリジナル版は日本でも公開され、興行収入16億円を超えて『アメリ』以上のヒットとなりました。

今回はそんな気になる人気作のリメイク映画をご紹介します!

Sponsored Links

ネタバレ・あらすじ

フランス映画『最強のふたり』のリメイク作であるため、ストーリーはオリジナル版と大体同じです。

スラム街出身で刑務所上がりのデルは保護監察官に就職活動をするようきつく言われます。

しかし、就職の意欲がないデルは面接を適当にこなしながら、就職活動の証として不採用のサインを集めます。

大富豪であるフィリップは、事故で首から下の感覚が麻痺しており、自由に体を動かすことができません。フィリップは堅物で偏屈なところがあり、介護士がなかなか長続きしません。

そんな中、介護士募集の面接にやってきたデルは、フィリップに対して無礼な態度をとりますが、なぜかフィリップは秘書イヴォンヌの反対を押し切ってデルの採用を決めます

デルも乗り気ではありませんでしたが、別れた妻と息子にも見放され住む場所も失い、働くことを決意します。

こだわりの強いフィリップと、適当でがさつなデルはまったくの正反対で性格が合わないように見えます。

デルはフィリップの好みにケチをつけたり茶化したりするのですが、次第にフィリップも一緒になって笑うようになり、デルもまたフィリップに知的な人間だと言ってもらい、彼に影響されて芸術に目覚めるなど、お互いを認め合う仲になっていきます。

そしてふたりはそれぞれが抱える問題に向き合うことになります。

正反対なふたりの掛け合いがかなり面白く、意外にも笑える作品でもあります。

住む世界も性格も全然違うからこそ、刺激的で影響を与え合うような仲になれたのでしょうね。

物語の途中、デルはフィリップが顔も知らぬ女性と文通していることを知るや否や、すぐに会うように勧めます。フィリップは会うことも電話することも拒みますが、デルはお構いなしに勝手に電話をかけてしまうのです。

留守番電話に繋がり、デルがメッセージを残すように促すとフィリップは「声が聴きたくなった」と本音を吹き込みます。

デルが描いた絵を見てひとり微笑むなど、堅物だったフィリップの態度が軟化していく様は観ている側もぐっときます。

多少の脚本はあるでしょうが、これが実話というのが本当に素敵ですよね。心温まるストーリーです。

Sponsored Links

キャスト

デル/ケヴィン・ハート

この投稿をInstagramで見る

Can’t wait for the world to see this film!!!!!! #Fatherhood

Kevin Hart(@kevinhart4real)がシェアした投稿 –

スラム街出身のデルを演じるのはケヴィン・ハート。

1979年7月6日生まれの俳優であり、コメディアンです。

近年ではコメディ俳優としての地位を築き、ケヴィン・ハートが出ていれば笑いは約束されたようなものと言われるほど。

本作でもそのセンスを遺憾なく発揮しており、ところどころで笑いを誘ってくれます

代表作は『リベンジ・マッチ』、『ジュマンジ』シリーズなど
コメディをはじめ多くの作品に出演しています。

フィリップ/ブライアン・クリンストン

身体が不自由な富豪フィリップを演じるのがブライアン・クリンストン。

1956年3月7日生まれの俳優です。

多数のドラマや映画に出演していますが、代表的な作品としてドラマ『ブレイキング・バッド』があります。このドラマで主演を演じた彼は、プライムタイム・エミー賞でベスト男優賞を4度連続で獲得する実力派俳優

本作でも身体が動かない役を、表情や目線で感情の動きを表すなど絶妙な演技をみせてくれます。

イヴォンヌ/ニコール・キッドマン

この投稿をInstagramで見る

Vintage vibes 💗

Nicole Kidman(@nicolekidman)がシェアした投稿 –

フィリップの秘書イヴォンヌを演じるのがニコール・キッドマン。

1967年6月20日生まれの俳優です。

言わずと知れたスターで、多くの賞を受賞しています。慈善活動にも積極的で、2018年には「世界で最も影響力のある100人」に選出されました。

代表作は『ムーラン・ルージュ』、『奥さまは魔女』など

厳格な性格で最初はお調子者のデルに厳しくあたりますが、次第にふたりの仲を尊重するようになります。

Sponsored Links

海外の評価

全米公開された初週末に2035万ドルの興行収入を出し、当初の予想を大きく上回る大ヒットとなります

その一方で、批評家による評価はいまいちでもあります。ロッテントマトでは批評家支持率39%、平均点は5.3/10点。
様々な意見がありますが、これはオリジナル版に比較的忠実だったために目新しさがなかったことなども挙げられています。

実話をもとにしているため、ストーリーの流れはほぼ変わらず、変更点は一部の細かい設定や登場人物の名前に留まり、オリジナル版との大きさな差はキャストが違う点くらいです。

しかし、劇場に足を運ぶ観客がこれだけ多かったことを考えると、リメイク版の『THE UPSIDE最強のふたり』は高く評価されたと言えるのではないでしょうか。変更する必要がないくらいに面白いストーリーだとも言えます。

ケヴィン・ハートの演技に劇場内で声を出して笑ったというレビューもあり、わかりやすく親しみやすいリメイクと捉えることもできますね。

ストーリーが分かっていても面白さが減ってしまうタイプの映画ではないので、オリジナル版を観た方も観ていない方にもおすすめできる作品です。

Sponsored Links

まとめ

大ヒットしたフランス映画『最強のふたり』が、ハリウッドで『THE UPSIDE最強のふたり』としてリメイクされました!

身体が不自由な大富豪フィリップとスラム街出身のデルの友情を描いた、感動の実話です

豪華キャストが出演している点も見逃せないポイントですね。

笑って、泣けて、観終わったあとは清々しい気持ちになれる本作は2019年12月20日公開です!

待ちきれない方はオリジナル版の『最強のふたり』も非常におすすめですよ!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)