君が世界のはじまり(映画)原作ネタバレと作品の評価は?キャストやネットの反応も!

今回紹介するのは2020年夏に公開予定の映画『君が世界のはじまり』です。

今作は、小説『えん』、『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』を原作として、映画『リンダ リンダ リンダ』、『聖の青春』などを代表作に持つ向井康介さんを監督に迎えた作品として話題を呼んでいます。

ここから、映画『君が世界のはじまり』について、原作のネタバレ、作品評価、キャスト、ネットでの反応などという観点で紹介していきます。

Sponsored Links


映画『君が世界のはじまり』原作ネタバレは?

ここでは、映画『君が世界のはじまり』の原作ネタバレを紹介していきます。

まず、今作のあらすじを軽く紹介します。

大阪のとある町に生きている若者たちの日常を描いた物語です。

主人公は高校2年生のえんは、彼氏をとっかえひっかえする親友の琴子と過ごしていましたが、琴子の片想いがきっかけとなって二人はすれ違っていくようになります…。

一方で、家庭環境で悩んでいる、同じ学校に通うジュンは、東京から来たという転校生・伊尾と身体の関係を持つようになり…。

というのがあらすじになっています。

映画『君が世界のはじまり』ティザー映像第1弾

ここからがネタバレです。

あらすじにて紹介したえんと琴子のエピソードが小説『えん』を元にしたもの、ジュンのエピソードが小説『ブルーハーツを聴いた夜、君にキスしてさようなら』を元にしたものと思われます。

まず、小説『えん』についてです。

このようなツイートが見受けられました。

次に、小説『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』についてです。

このようなツイートが見受けられました。

二つの作品の共通点と言えば、痛々しいほど生き生きと生きる学生たちの青春劇というところです。

正直、二つの作品がどのようなところに終着するのかというのは予想もできません。

どちらも明確な終着点がないようにも思えます。

映画ではこれらの作品が組み合わさって一つの物語になるということでますます結末がどうなるかわかりませんが、逆に見ものかもしれませんね。

公開をしばし待ちましょう。

映画『君が世界のはじまり』キャストは?

ここでは、映画『君が世界のはじまり』のキャストについて紹介していきます。

今のところ、キャスティングとして決まっているのは…、主演の松本穂香さんのみです。

松本穂香さん/えん役

主役のえんを演じるのは、松本穂香さんです。

高校時代から演劇部に所属しており、同じく在学中に芸能事務所のオーディションに応募し合格したことをきっかけに芸能界入りを果たします。

2015年、ロッテとのコラボ短編映画に出演したことで、女優としてデビューを果たします。

同年には映画『風に立つライオン』で長編映画に初出演を果たします。

2016年、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』への出演で、連続ドラマ初出演を果たし、同年には舞台『ヨミガエラセ屋』で舞台初出演と共に初主演を飾りました。

2017年、ドラマ『ひよっこ』にて、朝ドラに初出演を果たしたことで、注目を浴び始めます。

2018年、ドラマ『この世界の片隅に』で連続ドラマ初主演を飾りました。

2019年には映画『おいしい家族』にて長編映画初主演を務め、その後、映画『わたしは光をにぎっている』、『酔うと化け物になる父がつらい』、『みをつくし料理帖』など、立て続けに主演を飾るなど、活躍を見せています。

今最も注目される女優さんの一人ですね。

今作での演技にも期待が高まります。

Sponsored Links

映画『君が世界のはじまり』原作の評価とネットの反応は?

ここでは、映画『君が世界のはじまり』の原作評価、ネットでの反応について紹介していきます。

まず、原作であり、監督のふくだももこさんが執筆した小説『えん』、『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』の評価について紹介していきます。

小説『えん』は、ふくだももこさんの処女小説で、第40回すばる文学賞の佳作に選ばれており、下記のような感想が寄せられています。

爽やかでいて、青臭い、青春物語という印象のようで、賞を受賞していることからも、なかなか評価は高そうですね。

また、もう一つ原作として挙げられている小説『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』は、文芸誌『文學界』の新人小説月評に取り上げられるなど、注目度マックスの青春小説で、下記のような感想が寄せられています。

こちらも評価は大変高そうで、面白かったという感想が集まっています。

また、次は映画『君が世界のはじまり』のネットでの期待値や反応について紹介していこうと思います。

Twitterでは、今作の公開に関してこのような反応が寄せられています。

どうやら今作の期待値は大変高いようで、公開が楽しみという声やもう既に好きなんて声も集まっています。

原作の評価といい、映画への期待値といい、この夏でも注目作と言えますね。

公開が待ち遠しいですね。

Sponsored Links

まとめ

ここまで、映画『君が世界のはじまり』について、詳しくご紹介してきました。

今作の公開日は2020年夏ということまでしか決まっていません。

注目の話題作ということで、公開が待ち遠しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)