スウィングキッズ(韓国)考察と結末ネタバレ!評判やキャスト一覧も!

捕虜収容所で、寄せ集めのタップダンスチームが結成!

チーム名は「スイングキッズ」・・・激動の戦時下で捕虜たちの挑戦が今、幕を開けます。

韓国映画【スウィング・キッズ】は、タップダンスに夢と希望をかけた捕虜たちの挑戦物語です。

Sponsored Links


寄せ集めダンスチームの物語!

映画【スウィング・キッズ】は戦争の真っ只中、捕虜収容所で結成されたタップダンスチームが様々な人種やイデオロギーを超え、ダンスでお互いの絆を深めていく姿を描いた感動のドラマです。

特にダンスシーンは、ミュージックビデオのような撮り方になっていて、リズム感と映像の融合が素晴らしいのです。

チームリーダー役のジャレッド・グライムスは、本物のブロードウェイミュージカルのダンサーなので、圧倒的なダンスパフォーマンスを披露しています。

しかし、ラストには戦時下ならではの悲劇が待ち受けていたのです。

あらすじ

舞台は1951年・朝鮮戦争真っ只中の巨済島捕虜収容所。

収容所の中では捕虜たちが対立し合い、それをアメリカ軍が武力で抑えると国際的な批判が高まり、所長が退任においこまれるという事態が発生しました。

その収容所に、新しい所長が赴任してきました。

新所長は収容所の対外的イメージアップのため、北と南の捕虜たちを集めてダンスチームを結成するプロジェクトを計画します。

リーダーは黒人の元ダンサー・ジャクソンが任命され、タップダンスチームが結成されました。

チーム名は ”スウィング・キッズ” ・・・チーム名はノリノリでかっこいい!

しかし集まった5人のメンバーは、国籍・言語・身分の異なる寄せ集めの人間たち。

メンバーには収容所一番のトラブルメイカーの朝鮮人ロ・ギスや、栄養失調でフラフラの中国人捕虜もいます。

果たして前途多難のダンスチームの前途はいかに!?

結末ネタバレ

寄せ集めの人間たちで結成されたダンスチーム ”スウィング・キッズ”。

彼らはたちまちタップダンスに魅了され、クリスマスの行事で踊るために特訓することにします! ロ・ギスの兄も収容所に収監され、再会を歓び会います。

しかし、裏では北の捕虜たちが密かにクリスマスに暴動を起こそうと企てていたのです。

そしてロ・ギスに、クリスマスの舞台を終えたら所長を殺すように命じたのです。

遂に迎えたクリスマスの公演は、その素晴らしいダンスに聴衆は熱狂し拍手喝采の嵐。

ダンスを終えたロ・ギスは、舞台裏に隠した銃を取りにいきますがそこには兄がいた。

兄は弟の代わりに銃をとり、舞台から米兵に向かって乱射しはじめます。

兄は射殺され、怒った所長は「黄色いクズ野郎共を皆殺しにしろ!」と怒鳴ります。

それを制止しょうとするジャクソンは押さえつけられ、スゥイングキッズは皆射殺されてしまいます。

数十年後・・・捕虜収容所は閉鎖され、現在は記念公園になりました。

そこに訪問ツアーのバスから一人の老人が降り立ち、後ろから呼ばれます・・・ジャクソン!

キャスト

本作のメガホンをとったのは、韓国で社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録した2011年公開『サニー 永遠の仲間たち』の、カン・ヒョンチョル監督です。

監督第一作目のコメディ映画『過速スキャンダル』(2008)も本国で大ヒットを記録し、韓国では大ヒットメーカーとして絶大な人気を誇る監督さんです。
俳優キャストも、個性的な顔ぶれが揃いました。

D.O.〈EXO〉/ ロ・ギス役

D.O.は韓国人気アイドルグループEXOのメンバーで、1993年生まれ本名はド・ギョンス。

2010年に韓国のエンターテイメント会社SMを経て、EXOのメンバーに正式デビュー。

その後EXOのメインボーカルを務めながら俳優活動を志願し、数々のTVドラマにも出演し2014年には映画「明日へ」でスクリーンデビューを飾り、2016年の「純情」で主演を務めてからは若手の演技派俳優としての存在感を示しています。

本作では6ヶ月間の厳しいトレーニングによる華麗なダンスパフォーマンスを披露します。

パク・ヘス / ヤン・パンネ役

パク・ヘスさんは、1994年生まれで韓国の女優&歌手です。

全世界から次世代K-POPスターを発掘する為の新番組・サバイバルオーディションの「K-POPスター」を勝ち抜き、シーズン4からデビューしました。

その初々しい魅力で本作のヒロインにも抜擢され、戦争中でも家族の生計を担うしっかり者の一面と、ダンスに純粋な情熱を示す印象深い役柄を演じています。

オ・ジョンセ/ カン・ビョンサム役

オ・ジョンセは、映画俳優として長い下積み生活を経て2013年の『男子取扱説明書』で注目を集め、その後は数多くの映画やドラマで活躍し、TVドラマの『会いたい』では主人公の刑事役を演じ日本でも評判になりました。

本作ではジョンセ特有の愉快な魅力で、ストーリーの楽しさの幅を広げています。

キム・ミノ / シャオパン役

キム・ミノは2013年のドラマ「「モンスター~私だけのラブスター」でデビューし、その後も「愛するウンドン」など多くの作品に出演している韓国の個性派俳優です。

ミノは卓越した個性と確かな演技力で注目され、本作でも機転の利いたコミカルな演技と笑いを誘うキャラクターを熱演しています。

ジャレッド・グライムス / ジャクソン役

ジャレッド・グライムスは、アメリカ出身の黒人俳優で世界最高峰のタップダンサーでもあり、ブロードウェイミュージカルの最優秀ダンサーに授与される「アステア賞」を受賞しました。

本作では寄せ集めのダンスチームのリーダーを務め、彼らを見て初めは挫折するが次第に彼らのダンスに対する情熱に同化されていく役を演じます。
本作で、グライムスの圧倒的なダンスパフォーマンスも期待されます!

Sponsored Links

予告編と海外での評判

海外でのツイート
Paste this code directly into the HTML portion of your site, and you’ll be good to go. Need more info? Check out our developer docs.

〈上英文の訳〉
訳:スウィングキッズは、今までみた映画で一番いい映画!D.O.(ド・ギョンス)の演技はすごくいいし、みんなどのキャラクターも気に入ると思う!

Sponsored Links

まとめ

“スウィング・キッズ”とは、寄せ集めの捕虜ダンスチーム!

捕虜収容所のタップダンスチームが人種やイデオロギーを超えてダンスで絆を深めていく姿を描いた韓国映画です。

ダンスや音楽の素晴らしさと、戦争の悲劇も対比された一作です。

映画【スウィング・キッズ】2020年2月21日公開の韓国映画

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)