レッドスパローの解説と詳しいネタバレ!最後の結末や物語が実話だった噂の真相は?

仕掛けたのは、甘い誘惑の罠・・・ハニートラップ!

女スパイ・スパローの仕掛ける《トラップ》は、国家の美しい武器となる。

映画レッド・スパローは、官能を武器とする女スパイが仕掛ける誘惑と心理戦に彩られた、エロティックなスパイスリラーです。

映画の結末や物語は、実話だったのでしょうか?

Sponsored Links



レッド・スパローあらすじ

ボリショイバレエ団のトップバレリーナだったドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、パートナーとの接触で脚に怪我を負ってしまったことでその将来が絶たれてしまいます。

持病を抱えた母を持つドミニカは、母が病院で治療を受けられるためにと情報局の叔父ワーニャを頼ったところ、彼女の才能を見抜かれロシアの諜謀機関の訓練施設にスカウトされます。
母の治療を受けられる見返りに、ドミニカはやむなくスパイになることを決意します。

訓練施設に入ったドミニカは、美貌と心理操作を利用してミッションを遂行していく国家の武器 ”スパロー” として養成されることになります。

美貌と高い頭脳も持ち合わせていた彼女は、訓練所内での数々の厳しい訓練を乗り越え立派なスパイに成長していきます。

その後、彼女が受けたミッションはアメリカのCIA局員ネイト(ジョエル・エドガートン)へ接近し、彼からロシアに潜伏する ”モグラ” の名を聴取するというものでした。

ドミニカは任務を遂行するためにネイトに近づき、肉体関係をもって機密を探ります。

しかし、ネイトとドミニカは本気で惹かれあっていってしまい、ドミニカのスパイとしての運命は大きく狂いだすことになってしまいます。

更に、アメリカ側に機密情報を漏らしている、モグラの正体は意外な人物と判明します。

そして、ラストには予想としなかった結末がドミニカを待ち受けるのでした。

キャスト

キャストにはアカデミー賞女優ジェニファー・ローレンスが、ロシアの妖艶なスパイに扮し、他にジョエル・エドガートン、ジェレミー・アイアンズ、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリングら実力派俳優が顔を揃えます。

ネタバレ

ドミニカは、バレエの舞台で怪我を負ってからスパイ組織に勧誘されます。

恐らく最初の脚の怪我も叔父のワーニャが画策したものであり、ドミニカが自分を頼ってくるように仕向けたのです・・・だからこそ怪我の真相をドミニカに伝えられたのでしょう。

ロシアのコルチイノ将軍は自国の現状を憂い、長期間に渡りロシアの国家機密をCIAに情報提供してきたのですが、第一線から身を退き “もぐら” としての役割を継がせるために、わざとドミニカに自分の正体をロシア側に密告させます.
しかし、ロシアの “もぐら” がコルチイノ将軍だったと知らされたドミニカは、彼をロシアに突き出すのではなく叔父のワーニャを “もぐら” に仕立て上げ、今まで彼女を苦しめてきたワーニャを国家の敵として陥れます。
ラストに、ドミニカはスパイからの足を洗い母親と一緒に暮らし始めるが、ある日非通知の電話が鳴ります・・受話器からはグリーグのピアノ協奏曲が流れてくるが、それはネイトと一夜を過ごした夜にドミニカが聞いていた曲だったのです。

その事から、ドミニカがネイトといまだに通じておりロシアのスパイとして活動しながら、アメリカ側との内通者として生きていく事を示唆して映画は終わります。

スパローとは?

「誰にも秘密の欲望があり、それを暴き出せばあなたの思うがままとなる」という訓練所の教官が教え込むように、ロシアのスパローとは色仕掛けで相手を誘惑し相手国の機密を得る女性スパイです。

色仕掛けを得意とする女性スパイは、敵国の外交官や政治家・軍関係者に近づき誘惑したり、身体を張って、相手の弱みを握りながら機密情報を得ていきます。

これまで女スパイの活躍を描いたスパイ映画は沢山ありますが、現実でも女性の罠にはまり軍事機密を漏らし逮捕・起訴されたスパイ事件が数多くあります。

実話の噂の真相は?

同名小説を実写化した『レッド・スパロー』は 、原作者のジェイソン・マシューズが元CIA捜査官で30年以上のキャリアを積んだ、エリート局員だったそうです。

本作は作者の実際の経験や知見に基づいて物語が構成されているため、劇中に登場する国家間の諜報戦は極めてリアルに描かれています。

登場するキャラクターも、ほぼフィクションの人物ですが劇中で行われる作戦やスパイ活動は、現実に行われるものを基にしています。

原作のストーリーは、命を賭したコルチイノ将軍の意思を継いでドミニカがモグラとなる“継承”の物語なのですが、映画版は趣向を変え“逆転”の物語として仕上げています。

Sponsored Links

まとめ

レッド・スパローとは ”赤いスズメ”という意味。

赤いスズメは、ロシア女スパイの隠語でハニートラップ専門のエージェント!

美しく甘いハニートラップは、男を地獄の罠にはめてしまいます。

ラスト10秒が、たまらなくいいのです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)