アルカディア(映画)解説や考察まとめ!最後の結末をネタバレ!クトゥルフ神話好きおすすめ

2018年に日本公開されたアメリカのSFスリラー映画『アルカディア』

日本での公開は小規模ではありましたが、続々と出てくる謎と低予算ながら丁寧でツボを押さえた演出でオカルトホラーやスリラーが好きな人にはとてもおすすめの作品です。

10年前に自給自足の集団アルカディアから抜け出した兄弟が不可解な現象に巻き込まれていくというミステリアスなストーリー。

今回はその『アルカディア』の解説や結末についてをネタバレしながらご紹介していきたいと思います!

Sponsored Links



映画『アルカディア』

監督・脚本はアーロン・ムーアヘッドとジャスティン・ベンソン
二人は本名のアーロン、ジャスティンそのままの名前で主人公の兄弟役を演じています。

アーロンとジャスティン兄弟は10年前、自給自足で生活するキャンプ、アルカディアなる集団から抜け出し、その後清掃業をしながらふたりで細々と生活をしていました。

アルカディアはちまたでは「カルト集団」とも言われ、とくに兄のジャスティンはアルカディアを快く思っていません。

そんな兄弟のもとにアルカディアから1本のビデオテープが送られてきます。

ビデオの映像には、ひとりの女性が笑顔で”昇天”について語っています。

ジャスティンはアルカディアで集団自殺をするといううわさを聞き、アーロンとともに抜け出したのですがアーロンはアルカディアに対して好意的です。

そしてアルカディアに戻りたいと言い出します。

ふたりは1日だけアルカディアに滞在することを決めました。

幽霊や殺人鬼が出てくるわけではありませんが、とにかく不気味な雰囲気を纏った本作はアルカディアの平和と善意に満ちた描写さえうすら寒く感じるほど。

アルカディアに対する感情がまったく正反対の兄弟が不可思議な現象に巻き込まれていくことになります。

どんな人におすすめ?

どんどん謎めいた現象が出てきます。

その場で詳細の説明もされず、中にはジャスティンとアーロンとで見え方や受け取り方が違っていたりするなどとにかく不可思議です。

言葉少なめに語る住人たちの話からは、どこか架空の神話”クトゥルフ神話”に通ずる部分が多くあります。

オカルトやクトゥルフ神話好きな方にはまずこの映画の雰囲気からして楽しめるのではないでしょうか。

また、ミステリアスな謎だけでなく兄弟の心情や絆も丁寧に描かれているために超常現象に遭遇した時などの突発的な言動にも説得力があります。

謎を見せたいがための演出ありきの展開になっておらず、ドラマ性もあるので単なるホラーに留まりません。

スリルは味わいたいけど、登場人物に共感できなかったり行動に矛盾があると冷めてしまう…そんな方にもぜひおすすめです!

Sponsored Links

『アルカディア』のストーリー・結末※ネタバレあり

10年ぶりにアルカディアへと戻ったアーロンとジャスティン。

キャンプはふたりを温かく歓迎してくれ、1日といわずもっと長く滞在するように勧めてくれます。

10年ぶりの再会ですが、キャンプの仲間たちはほとんど歳をとっていないように見えました

夜、キャンプファイアを囲みかつての仲間たちと楽しく過ごします。

アルカディアにある伝統のひとつを行うことになり、暗闇から垂れ下がる縄を思いっきり引っ張ります。

ジャスティンも縄を引っ張りますが、凄まじい力で引っ張り返され手にけがを負います。

アーロンの提案でもう少しアルカディアに滞在することになりました。

しかし何気ない日常を過ごすなかで違和感をぬぐい切れないジャスティンはかつての友人のハルに相談します。

ハルは「偉大なる存在」「永遠の時間」など不可解なことを話します。

その後もジャスティンは化け物に足を引っ張られるなど異様な現象に遭います。

ジャスティンはついに不信感を募らせアルカディアを出ていく決意をします。

ところが弟のアーロンはアルカディアに気に入り残りたがります。

しかたなくジャスティンはひとりで車に向かいますが、近くの民家で首つり死体を発見します。

さらに驚くことに死体と同じ顔の男がやってきてジャスティンに話しかけます。

男の話によると、アルカディアでは時間がループしており同じ生と死を繰り返していることが分かります。

その男は3時間の命を何度も繰り返していました。

更にもうじき”リセット”の時がやってきて、それまでにここから抜け出せないとジャスティンたちもループに囚われると言います。

翌日、アルカディアに残ったアーロンでしたが兄が心配になり探すことにします。

テントを見つけたアーロンはその中で死ぬまでの5分間を何度も繰り返し続けている男の姿を見つけて驚愕します。

兄弟は無事に合流するものの、やはりアーロンはここに残りたいと言います。

ふたりはアルカディアの貯蔵庫に入り、そこにあったテレビの映像を見ます。

その映像の中にはハル含めたアルカディアの人々が広場に集まっており、そこに巨大な何かが人々を飲み込んでいくという恐ろしいものが映っていました。

急いで広場に向かいましたが、血がついた衣服が残っているだけでした。

リセットが始まり、目に見えない何かが時空ごと飲み込み始めます。

兄弟は急いで車のエンジンをかけて脱出します。

Sponsored Links

映画の考察

神のような存在

一見平和に見えながら、どこか様子がおかしいアルカディア。

住人たちは繰り返されるループの中で生活し、特定のタイミングでその命を見えざる何かに捧げていました。
そしてふたたび新しいループが始まっていく……

ハルの発言からアルカディアを覆う大きな何かの存在がいることがわかります。

ジャスティンが遭遇した化け物や不可解な現象も、おそらくはその存在を証明するためのものだったのではないでしょうか。

自ら姿を現すことはありませんが、たしかにそこに存在し、一定のタイミングで住人たちの命を飲み込む。

まるで神様のような存在とも言えます。

アルカディアの住人たちはこの神を信仰していたように見えますが、そうではない人もいました。

神の存在に反発していたのがジャスティンが出逢った首を吊って死んでいた男です。

自らの意思で死を選ぶも、結局のところはループから抜け出すことはできずにいました。

アルカディアとはなんだったのか

自給自足で生活をするキャンプ・アルカディア。

カルト集団と言われたりもしますが、住む人たちは基本的に良い人ばかりです。

それゆえに自分たちをループに閉じ込めている存在を受け入れ、見守ってくれていると信じている異質さが際立ちます。

映画の中でアルカディアとはなんだったのか詳細を明かされることはわかりませんが、アルカディア(理想郷)の意味が示す通り住む人たちにとっては理想的な村だったのでしょうか…。

 

2020年3月に日本で公開され、カルト的に話題になった映画『ミッドサマー』にも通ずる要素がありますね。
不気味な何かを崇める善意に満ちた人たち。
このギャップからくる恐怖や違和感はある種ひとつの映画としての魅力とも言えますね。

描かれている兄弟の絆と選択

この投稿をInstagramで見る

벗어날 수 없는 17.07.18. 3.5/5.0 (BiFan) 오늘의 두번째 영화로 애런 무어헤드 감독과 저스틴 벤슨 감독이 공동 연출은 물론 직접 연기까지 소화한 영화 <벗어날 수 없는>을 관람하였다. 이번 영화제에서의 자체 마지막 영화였던 <균열>까지 모두 관람한 상황에서 확실히 말할 수 있는 것은 이 영화가 작품 자체에 대한 만족도와는 별개로 이번 영화제에서 가장 오랫동안 기억될 듯한 무척 매력적인 작품이었다는 것. 목요일에 있을 다음 상영으로 또 한번 관람하고 싶을 정도로 묘하게 끌리는 영화였다고 할까. _ 영화는 어린 시절 정체 모를 캠프에서 탈출했던 저스틴과 애런이 시간이 흐른 뒤 다시 그 캠프로 가게 되며 벌어지는 일들을 그린다. 매일 반복되는 삶에 흥미를 잃은 애런은 어렴풋이나마 즐거운 추억이 많았던 것으로 기억하는 캠핑장에 오랜만에 가보자고 제안하고 그의 형 저스틴은 마치 사이비 집단들의 모임 같던 그곳에 다시 발을 디디는 것을 두려워하면서도 동생의 제안에 마지 못해 그곳으로 향하게 된다. 여전히 그곳에 머무는 반가운 얼굴들과 즐거운 시간을 보내던 형제는 하나 둘씩 괴상한 일들이 벌어지는 속에서 두려움을 느낀다. _ 초반부까지만 해도 과연 여전히 캠프에 머무는 이들이 정말 세뇌당한 사이비 집단들일까, 혹은 저스틴은 그가 계획한 대로 캠프의 수상쩍은 비밀을 밝혀낼 수 있을까에 주목하게 만들던 이 영화는 전개가 진행됨에 따라 조금도 예상하지 못한 방향으로 흘러간다. 사람들의 심리 묘사를 활용한 스릴러 영화처럼 보이던 영화에 오컬트 요소는 물론 타임루프라는 SF 설정까지 가미되면서부터. _ 캠프에 머무는 이들이 어떠한 장치에 의해 죽어도 죽지 못한 채 끊임없이 반복되는 시간 속에서 살아가야한다는 기발한 설정은 특유의 차갑고도 으산한 분위기와 어우러져 묘한 긴장감을 자아낸다. 이러한 분위기를 한층 더해주는 음악과 컷과 컷 사이의 속도감 있는 편집, 그리고 제법 큰 스케일로 구현된 판타지적 요소들은 이 영화만의 독특한 매력을 배가시켜 준다. 여기에 예상치 못한 순간에 불쑥 불쑥 웃음을 유발하는 위트 섞인 요소들도 매력 포인트. _ 연출부터 연기, 각본, 편집, 촬영까지 다양한 분야에서 활약한 두 감독의 다재다능한 재능 역시 영화 곳곳에 묻어나 에너지를 발산해내며 삶의 별다른 목적 없이 허무하게 하루 하루를 살아가는 이들에 대한 따끔한 일침 혹은 사려깊은 충고의 메시지도 돋보인다. 다만, 영화가 굉장히 많은 이야기를 다양한 설정들을 통해 다뤄내고 있는 만큼 내내 늘어놓은 떡밥들이 제대로 회수되지 않거나 여러 설정들의 디테일이 다소 부족하게 느껴지는 아쉬움도 남는 바. _ 하지만 이러한 약간의 아쉬움을 어느 정도 용인해 줄 수 있을 만큼 상당히 독창적이고 참신한 영화였던 것은 분명하며, 영화 상영 이후 진행된 GV에서도 관객들의 질문에 성실하면서도 위트 있는 답변을 이어간 두 감독의 차기작도 무척이나 기대하게 만든다. _ #영화스타그램 #부천국제판타스틱영화제 #Bifan #cgv #cgv부천역 #벗어날수없는 #애런무어헤드 #저스틴벤슨 #TheEndless #AaronMoorhead #JustinBenson #2017년133번째극장관람작

최현진(@moviesta.hj)がシェアした投稿 –

ジャスティンとアーロンは意見が合わずよく喧嘩をしていますが仲が悪いわけではありません。

とくに兄のジャスティンは弟のアーロンに対して厳しさを見せたりもしますが同時に心配し身を案じていることがよくわかります。

アルカディアに対して違和感を覚え、アーロンの意思を尊重しながらも長く滞在することには反対しています。

一方のアーロンは、ここ10年の清掃員としての生活に辟易していてアルカディアでの生活に戻ることを望んでいます。

映画の終盤、アルカディアに残りたいと言う弟に対しジャスティンが「ループを続けることになるんだぞ」と言って反対しますが、アーロンは「これまでの生活も同じ事の繰り返しだ」と反論します。

最終的にふたりはお互いへの思いを本音で語り、協力しあって無事にループに取り込まれる前に脱出することに成功します。

意見の食い違う兄弟を主人公にすることでアルカディアで起こる現象の受け取り方に幅を持たせ、兄が考えすぎなのでは?弟は騙されているのかも?などと考えながら鑑賞することもできます。

また、同じ繰り返し=ループの生活をするとして、平和ながら何かに監視されたまま生きるのか(アルカディアでの生活)、貧しい生活でも信頼できる人とともに自分の意思で生きていくのか(アルカディアの外での生活)という選択の訴えかけにとることができます。

ふたりは自分たちの意思で生きていく方を選択したことになりますね。

まとめ

兄弟が10年ぶりにもどったキャンプ・アルカディア。

実は住人たちが死ぬまでの生活を繰り返し続けるループに囚われた世界でした。

見えざる巨大な何かが監視あるいは見守っている中で、住人たちは楽し気に暮らしていたのです。

アルカディアから出たい兄ジャスティンと残りたい弟アーロンを主人公にし、クトゥルフ神話テイストの上質なスリラー映画『アルカディア』

日本ではあまり有名な作品ではありませんが、観れば納得の掘り出し物です!

一度みたあとも考察をしながらまた鑑賞したくなる作品ですね!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)