ストレンジャーシングス2(3話)あらすじとネタバレ!現れた謎の生物ダート!エルがついに学校へ!

エルのいら立ちが募り、ついに外に出てしまうのか?

新たな事件のはじまりと、ハロウィンの夜に巻き起こった悲劇。

果たしてウィルは今回もまた事件に巻き込まれてしまうのか?

面白くなってきましたよ~!

Sponsored Links

ストレンジャーシングス2(3話)あらすじとネタバレ!

 

ダスティンはゴミ箱で、奇妙な生き物を見つけ、「ダルタニアン」と命名。

何かわからないその生物は、湿っていて、大きなナメクジのようだったが、ダスティンの言葉が分かるようだった。

次の日、学校に行ったダスティンは、みんなに昼休み、集まるよう声をかける。

ダルタニアンをみんなに見せるつもりだ。

昼休みになり、ダルタニアンをみんなに見せるダスティン。

略して「ダート」と呼び、オタマジャクシの新種なのではないか、とみんなに話す。

しかしウィルは、かつてそれが自分の体内から出てきたことを知っていたので、恐れる。

おバカ禁止令を破ろう

エルは、ホッパー刑事と森の中で出会い、今の家に連れてこられるまでのことを、思い出していてた。

ホッパー警部の祖父の家を、2人で片付けて、モールス信号を教えてもらったこと。

音楽やパズル、そういう興味をそそるものも、ホッパー警部は教えてくれた。

家の周りに、警報みたいな大きな音をたてる仕掛けも、一緒に作った。

エルを祖父の家に住まわせるため、ルールを決めた。

でも、「マイクに会わせる」と約束していたホッパー警部が、全然マイクに会わせてくれないことに苛立ったエルは、ついに外に出てしまう。

 

Sponsored Links

ホーキンスの異変

ホッパー警部は、作物たちがあの研究所の周りから、ダメになっていることが分かり、学者に話を聞きに行く。

「何も漏れてはない」という学者だったが、実際作物に被害がある以上、見て見ぬふりはできないと、詰め寄る。

作物を調べていた学者とホッパー警部のもとには、ある連絡が。

「ソ連の少女を見た、という報告が。」

エルは逃げ出して、マイクに会うため、学校へ向かっていたのだ。

一方、ナンシーは、酔っぱらって帰ったことを覚えていなかったが、ジョナサンに話を聞いた。

そして話をしているうちに、ジョイスの新しい彼・ボブが電気店勤めだと聞いて、怪しさを感じる。

本当に研究所のメンバーたちは、ヤツに殺されて亡くなったのだろうか。

さっそくナンシーは新しい電話を買って、ジョナサンと共にバーバラの家に電話をかけた。

「あの夜隠していたことがあるんです。

明日の朝9時に会いましょう。」

それを電話の交換師が聞いていた。

ウィルの夢のなか

ジョイスはボブから、ハロウィンの時に撮ったビデオに、ウィルがいじめられていた様子が映っていた、と聞いた。

帰ったジョイスは、テレビに繋いでそれを見る。

すると、ビデオにはウィルの夢のなかに現れていた、あの怪物の姿が映っていたのだ。

Sponsored Links

マックスにやきもち

放課後になり、先生にダートを見せよう、といったダルティン。

しかしウィルは、ダートを見たことがある、といってそれを止める。

マックスだけが裏側の世界の存在を知らなかったので、輪にいれてもらえなかった。

すると4人の目の前で、ダートに足が生え、部屋から逃げ出してしまった。

ダートを探す4人だったが、マックスもダートを探す手伝いをする。

しかしマックスが仲間に入ることを、マイクはまだ認めていなかった。

マイクとマックスが話をしているところに、エルが到着する。

元気に話すマイクの姿を見て、嬉しそうにするマイクだったが、楽しそうにするマックスを見て嫉妬。

超能力でマックスをスケボーから振り下ろすと、その場を去っていった。

職員室トイレで再びダートを見つけたウィル。

しかし、ウィルは次の瞬間、裏側の世界へ行ってしまったのだった。

 

Sponsored Links

まとめ

ボブはただの電気屋ではないな…!?

あの研究所の職員に違いない。

そしてそれに気がついたナンシーとジョナサンすごい~~~!

早くウィルを元の世界に戻してほしい。

マックスにやきもちをやくエルがかわいい・・・。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)