砕け散るところを見せてあげる(映画)ネタバレあらすじやキャストも!ロケ地はどこだった?

小説『うさぎホームシック』『とらドラ!』で人気の竹宮ゆゆこの小説が実写化です!

ファンからしたら映画化は「Good Job」と思っておられる方も多いことでしょう。

俳優陣も結構豪華で期待せざるを得ない感じで、早く見たいという感じです。

そこで今回はわかっている範囲であらすじやあとロケ地・目撃情報なども調べてみようかと思います。

Sponsored Links

映画『砕け散るところを見せてあげる』ってどんな映画?

公式サイトでは以下のようにあらすじが紹介されています。

Story
〈常識を覆す、衝撃の愛の物語〉

どこにでもいる高校生の濱田清澄は、“学年一の嫌われ者”と呼ばれて孤立していた一年生の蔵本玻璃を、いじめの手から救い出そうとする。清澄は玻璃の愛らしさと心の美しさに気づき、玻璃は清澄に感謝と憧れの想いを抱き、二人は心の距離を縮めていく。だが、玻璃には誰にも言えない秘密があり、玻璃を守り抜こうとする清澄にも〈恐るべき危険〉が迫る─。(https://kudakechiru.jp/)

ボーイミーツガールの物語のようですね。

しかし、小説版の公式サイトを見ると…。

死んだのは、二人。その死は、何を残すのか。
大学受験を間近に控えた濱田清澄は、ある日、全校集会で一年生の女子生徒がいじめに遭っているのを目撃する。割って入る清澄。だが、彼を待っていたのは、助けたはずの後輩、蔵本玻璃からの「あああああああ!」という絶叫だった。その拒絶の意味は何か。”死んだ二人”とは、誰か。やがて玻璃の素顔とともに、清澄は事件の本質を知る……。小説の新たな煌めきを示す、記念碑的傑作。(https://www.shinchobunko-nex.jp/special/180065.html)

何やら一気にサスペンス色が増しますね。

「死んだ二人」…どうやら殺人事件が絡んでいるような…?

お顔が大変なことに!

Sponsored Links

映画『砕け散るところを見せてあげる』のキャストは?

主人公・濱田清澄役 中川大志

主人公を演じるのは中川大志

爽やかですね!

1998年東京生まれの21歳です。

ドラマ『G線上のあなたと私』『左手一本のシュート』等で活躍されていますね!

映画『坂道のアポロン』(2018)では第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

ヒロイン・蔵本玻璃役 石井杏奈

ヒロインを演じるのは石井杏奈

こちらも1998年東京都出身の21歳です。

ダンスガールズグループE-girlsのメンバーとして活動されています。

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(2019)、映画『心が叫びたがってるんだ』(2017)等に出演されています。

他、北村匠海、原田知世等豪華なメンバーが名前を連ねています。

Sponsored Links

映画『砕け散るところを見せてあげる』のロケ地は?

映画『砕け散るところを見せてあげる』は大部分が長野県での撮影とのことです

長野県、他にも映画『Fukushima50』や『テルマエ・ロマエ Ⅱ』のロケ地にもなっているようです。

余談ですが諏訪清陵高校の校歌は18番まであるそうです。

楽しみですね!

Sponsored Links

まとめ

映画『砕け散るところを見せてあげる』についてご紹介しました。

8割長野ロケということで、いろいろ落ち着いたらロケ地を訪ねるのも楽しそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)