ストレンジャーシングス2(1話)あらすじとネタバレ!事件から1年後のホーキンスに再びエルが?

はじまりました、シーズン2!

エルがいなくなってしまった、シーズン1の最終話。

まだ明かされていない、その行方と、ウィルに残ったヤツの名残…

いったいどう進化してしまうのか?

そしてまたウィルが被害者になるのか?

とワクワクしながら、はじまりまーす!

Sponsored Links



ストレンジャーシングス2(1話)あらすじとネタバレ!

ある町で、銀行強盗が行われる。

犯人たちの車を追いかけていた、警察。

しかしトンネルの手前で、天井の壁が落ちてきた幻覚を見る。

それは犯人のひとりが起こした、超能力のせいだった。

手首には、イレブンと同じタトゥーが入っていた。

流れる噂

ここのところ、ウィルは何度も何度も裏側の世界を見るようになっていた。

ホッパー警部のもとには、

「ソ連の侵略で、ホーキンスに超能力者の少女が現れた」

という証言を持ってきた男性がくるが、ホッパーは追い返した。

いたずらされたと通報があったカボチャ畑に向かうホッパー。

怪しい雰囲気を感じるが、何も見当たらなかった。

ウィルの異変

マイクたちの学校には、転校生がやってきた。

最近は待っているアーケードゲームで、ランキング1位の子と同じ名前。

「彼女こそが、きっとあのゲームの子だ!」

そこへ先生がやってきて、ジョイスがウィルを連れていった。

あの事件が起きてから、ジョイスは定期的にウィルをある所へ連れていっていた。

それは、あの研究所だった。

ウィルが何か裏側の世界へ行ってから、戻ってこれた人間として、資料を集められていたのだ。

ウィルは裏側の世界へ行ってしまうことを、研究所のカウンセリングで話をする。

エルへの交信

事件から352日が経った夜、今日もまたマイクは無線機に向かって話していた。

「エル、無事か知りたい。」

しかしその応答が返ってくることはなかった。

そしてその日の夜も、ウィルは裏側の世界を見てしまっていた。

嵐のなか、大きな何かが、こちらを襲おうとしている。

もうそれは、すぐ近くまできているかのようだった。

Sponsored Links

815じゃない、8時15分だ

ホーキンスの町で、実態はないものの、どこか不穏な空気が漂うようになっていた。

夜に鳴る電話、何かがいるような形跡。

ホッパーは、いろんな事件を調べていたが、それはフリだった。

仕事を終え、家に帰ったホッパーは話す。

「おーい」

すると声が帰ってきた、

「815よ、信号がなかった。」

それに対してホッパーは悪そうな顔をして

「信号を送るのを忘れた。

それに、815じゃなくて、8時15分」

ホッパーの帰宅が遅かったことを咎める声。

その声の主が、食卓のホッパーの向かいに座る。

何それは、エルだった。

 

Sponsored Links

まとめ

エルのくるくるパーマ姿かわいいいいい!!!

まさかホッパー警部と一緒に住んでいるとは。

というかどうやって実態となって戻ってきたのか?

そして、マックスという名の転校生の女の子が、仲間に加わりそうな予感。

ウィルのことを腫れもの扱いしてるんじゃなくて、みんな心配してるんだよ~!

 

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)