ストレンジャーシングス1(1話)あらすじとネタバレ!失踪した少年ウィルと不思議な少女イレブン!

Netflixで大人気のドラマ「ストレンジャー・シングス」

シリーズ3作目までが配信されると、夢中になってしまう視聴者、続出!

ホーキンスという町で、少年少女たちに起こる謎。

敵の存在はいったい何なのか?

そして目的とは?

Sponsored Links


ストレンジャー・シングス(1)1話あらすじとネタバレ

 

小さな町ホーキンスで、仲良く過ごす幼い少年たち。

今日もいつものように遊んだ後、各々が家に帰る。

しかしホーキンス一帯が停電に見舞われた。

停電の原因は不明。

果たしてホーキンスで何が起こったのか?

いなくなった少年

翌朝、ある家で、男の子・ウィルが帰ってきていないことが判明する。

いつものように友達・マイクの家で遊んでいるのだろう、と思った母のジョイスは電話をするが、ウィルはいないと言われる。

ジョイスは急いで警察に向かうが、ホッパー署長は

「この年の子はよく家出する」

と言った。

またホッパーは、ジョイスと別れた元夫・ロニーが連れていったのではないか、と推測する。

謎の物体と少女

そのころ、ある研究所に人が集まっていた。

粘着質の呼吸する物体に人が集まると、1人の研究者がこう言った。

「彼女は?」

すると、周りの人が

「遠くには行けまい」

というと、それを聞いてじっとその不思議な物体を見ていた。

イレブンと名乗る少女

そのころ、研究所からほど近い飲食店に、子供が侵入し、食べ物を奪っていこうとしていた。

そこを店主が捕まえて、食事を与えた。

男の子のように、髪の毛を刈りそろえていたが、女の子だった。

手首の内側には「11」と書いてあり、自分を「イレブン」と名乗った。

児童養護施設に引き取りを依頼した店主。

しかしそのころ、イレブンは、置いてあった扇風機ががたがた言っているのを気にしていた。

次の瞬間、じっと扇風機を見ると、力強い目をして、それを止めたのだ、触らずに。

 

ホーキンスに漂う不穏な空気

ホッパー警部は、ウィルの友人から聞いた森を捜索していると、ウィルの自転車を発見。

それを届けに、ウィルの家へ行くと、犬が庭の倉庫に向かって吠えている。

ホッパー警部がなかに入ると、何も見つからなかったが、不穏な空気が漂う。

イレブンの力

その夜、大規模な捜索が行われるが、ウィルの友人・マイクとルーカスとダスティンはいてもたってもいられず、森へ捜索に行く。

雨が降る森のなかで、何か物音がする。

懐中電灯で音の出るほうへ明かりを向けると、そこにはイレブンがいた。

イレブンは児童養護施設のスタッフに成りすましていた、研究所職員を殺害し、森へ逃げてきていたのだ。

そのころ、ジョイスのもとに、息遣いを感じる無言電話がかかってきた。

果たして、この息遣いはウィルのものなのだろうか。

 

Sponsored Links

まとめ

今回はまだ1話だったので、あまり盛り上がりませんでしたが、

ホーキンスという町が不気味で、ただならぬ事件が起きそうな雰囲気は感じましたね!

それにしてもウィルの母を演じている、ウィノナライダーは精神的に

安定しない女性の役のイメージが強い!

(映画「17歳のカルテ」のイメージが強すぎ)

イレブンの力と、ウィルの行方が気になります!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)