ヒノマルソウル|原作ネタバレあらすじやロケ地は白馬?実話のモデルとなった人の今は?

1998年の長野オリンピックで金メダルを獲得し、日本中を感動に包み込んだスキージャンプ団体。

金メダル獲得の裏で、選手達を支えたテストジャンパーの存在をご存知でしょうか?

彼らの活躍がなければ日本は金メダルを獲得できなかったのです。

そんな彼らの活躍や苦悩を、テストジャンパー・西方仁也さんを軸に描いた

映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』が公開されることになりました。

主演は、ドラマや映画、CMで大活躍の田中圭さんです。

さらに、人気女優の土屋太鳳さんや注目の若手俳優・山田裕貴さん、

新田真剣佑さんを兄に持つ眞栄田郷敦さんなどが、周りを固めています。

今回は、そんな『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』のあらすじ、キャストなどをご紹介していきます。

是非ご覧ください。

Sponsored Links



『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』のあらすじは?

1998年の長野オリンピック。

日本代表スキージャンプチームは、国民の期待に応えるべく団体戦で

日本初となる金メダルの獲得を狙っていました。

そんなチームのエース原田のジャンプを特別な想いで見守るのは、元日本代表の西方仁也。

前回大会のリレハンメルオリンピックでは、西方は原田とともに代表選手として出場し、

日本代表最高飛距離135mを飛び、チームに大きく貢献しました。

しかし、原田がジャンプを失敗してしまい、銀メダルという結果に終わってしまったのです。

西方は4年後のオリンピックでこの悔しさを晴らすため、練習に励みますが、

腰の故障により代表を落選。

悔しさで胸がいっぱいの西方のもとに、テストジャンパーとして

長野オリンピック参加の依頼が入ります。

テストジャンパーとは、競技の前に飛ぶ裏方のジャンパーのことで、

ジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には

何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるのです。

選手として飛びたかった西方は、屈辱感を抱きながら、

様々な思いをもつテストジャンパーたちと準備を進め、ついに長野オリンピック本番の日を迎えます。

団体戦1本目のジャンプは原田。しかし、またも失敗してしまい、日本は4位に後退。

さらに猛吹雪により競技が中断してしまう事態に。

このまま競技が終わってしまった場合、1本目の結果のみで順位が決定しまいます。

審判員たちが下した決断は、“テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する”

というものでした。

日本の金メダルへの道は、西方率いる25人のテストジャンパーたちに懸かることに。。

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』・公式サイト

https://hinomaru-soul.jp/

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』・特報

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』キャストは?

田中圭/西方仁也役

テストジャンパーとして五輪に参加する西方を演じるのは、田中圭さんです。

映画やドラマ、CMなどに引っ張りだこの人気俳優。

下積み時代が長く苦労が続いた若手時代だったようですが、

『おっさんずラブ』で大ブレイクし、人気俳優の仲間入りへ。

明るいキャラクターで俳優だけではなく、バラエティー番組でも活躍されています。

1984年生まれ。

土屋太鳳/西方幸枝役

西方の妻・幸枝を演じるのは、土屋太鳳さんです。

朝ドラ『まれ』のヒロインに抜擢されて、ブレイクしました。

田中さんとは、バラエティー番組『ぐるぐるナインティナイン』で共演もされていたので、

息の合った夫婦役が期待できますね。

1995年生まれ。

山田裕貴/高橋竜二役

西方とともにテストジャンパーを務める高橋を演じるのは、山田裕貴さんです。

『海賊戦隊ゴーカイジャー』で俳優デビュー。

その後、大河ドラマや朝ドラなど数々の作品に出演され、

俳優としてのキャリアを積まれています。

1990年生まれ。

眞栄田郷敦/南川崇役

同じくテストジャンパーの南川を演じるのは、眞栄田郷敦さんです。

父に千葉真一さん、兄に新田真剣佑さんをもつ俳優一族の一人で、アメリカ生まれ。

これからの活躍が楽しみです。

2000年生まれ。

小坂菜緒(日向坂46)/小林賀子役

女子高生テストジャンパーの小林を演じるのは、小坂菜緒さんです。

日向坂46のメンバーで、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルも務めています。

女優としては駆け出しのようで、本作が今度の活躍に影響されそうですね。

2002年生まれ。

Sponsored Links

『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』ロケ地は白馬?

長野オリンピックがテーマとなる本作のロケ地は、やはり長野なのでしょうか?

以下、眞栄田さんのコメントに長野オリンピックが行われた白馬で撮影している

という文面がありました。

長野オリンピックスキージャンプ団体の表舞台と舞台裏。そこには一人一人の個性があり、想いがあり、ドラマがあり、その一つ一つに胸が熱くなりました。今回は自分の性格と少し離れたキャラクターです。実際に長野オリンピックが行われた白馬スキージャンプ場で先輩方やスタッフのみなさんに支えていただきながら日々新しい挑戦をしております。お楽しみに。
眞栄田郷敦 コメント:引用

さらに、白馬村でエキストラ募集がされていました。

参加されている方も、ネット上で多くのコメントをされていました。

Sponsored Links

モデルとなった人の今は?

本作は、実話が映画となった作品ですが、モデルとなった西方仁也さんの現在が

気になる方もいらっしゃるかと思います。そこで今回調べてみました!

西方仁也さんの現在

長野オリンピックにテストジャンパーとして参加した後、

2001年の伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会を最後に現役を引退されました。

現在は会社員の傍らで、札幌ジャンプ少年団のコーチを務められているようです。

そして、息子の慎護さんもジャンプをやられていたようですが、

最近の情報がありませんでしたので、現在は引退されているかもしれません。

まとめ

ここまで、映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』のあらすじや

キャストなどをご紹介してきました。

金メダル獲得の裏で実際に起きていた感動秘話です。

テストジャンパーの活躍がなければ歴史が変わっていたかもしれないという事実。

日本でオリンピック開催となる年だからこそ、今年観たい作品です。

東京オリンピックの裏側でも、このようなドラマが起こるかもしれませんね。

気になる公開日は、2020年6月19日公開予定です。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)