ロストインスペース3(Netflix)ネタバレやあらすじ!いつから配信でキャストに違いは?

1960年代の名作SFアドベンチャードラマ『宇宙家族ロビンソン』を、Netflixオリジナルドラマとしてスケ-ルを一新して復活させた『ロスト・イン・スペース』

大好評のシ-ズン1が終了し、昨年末から新たにシ-ズン2の配信が始まりましたが、今回はその次のシ-ズン3について、その配信の可能性、可能性があるとしたらいつになるのか、キャストは1と2に引き続いて同じキャストで演じられるのか、その謎を少し覗いてみることにします。

『ロスト・イン・スペース』ってどんなストーリー?

『ロスト・イン・スペース』の舞台は、人類が宇宙へ入植可能となった30年後の未来を描いたもの。

そんな宇宙でのより良い生活を求めて旅立つロビンソン一家が、様々なトラブルに見舞われながらも、力を合わせて困難に立ち向かう涙あり笑いありの物語となっています。

いつから配信でキャストに違いは?

関係者によると、長女ジュディ役のテイラー・ラッセル、次女ペニー役のミナ・サンドウォール、末っ子の弟ウィル役のマックスウェル・ジェンキンスの子どもたち3人は、すでにシーズン3に出演するということが決まっているという情報が入っています。

シ-ズン3配信の公式発表はまだですが、シーズン2では、1を上回る深みのある作品に仕上がっているのを見る限り、さらなる期待が高まりそうです。

また、『ロスト・イン・スペース』はシーズン3で完結すると言われており、今回がファイナルシ-ズンになります。

『ロスト・イン・スペース』のネタバレやあらすじ

シーズン1

宇宙への入植が可能となった近未来の地球、ある日クリスマス・スターという隕石によって灰に覆われ住むには快適ではなくなってしまいます。

そんな地球を離れ快適な宇宙へと移住を考える選抜された植民者ロビンソン一家、優秀なエンジニアである母モーリーン、父の違う長女ジュディ、次女ペニー、末っ子で長男のウィルは、別居中の父で軍人のジョンと共に恒星間宇宙船レゾルートで植民星アルファ・セントリーに向かいます。

航行の途中、異星人ロボットにレゾルートが襲われ、ロビンソン一家と他の入植者たちは、バラバラにジュピター型の小型宇宙船に乗ってレゾルートを離れることに・・・。

しかし、宇宙の裂け目が出現してレゾルートとそれぞれのジュピター号は見知らぬ惑星に別々に飛ばされます。

悪戦苦闘しながらも、何とかロビンソン一家は他の植民者たちと再会し、ある惑星に落ち着きます。しかし、その中には身分を偽りドクター・スミスと名乗る犯罪者のジュン・ハリスやレゾルートの技術者ドン・ウエストもまぎれていました。

惑星の奇妙な生物に燃料を食い荒らされて全てのジュピター号は離陸が不能となる中、この惑星が恒星とブラックホールの二重星の周りをまわっており、間もなく気温が異常に上昇して生存不可能となる危機に・・・。

惑星の生物の糞から燃料を合成し、他の植民者たちはそれぞれのジュピター号で離陸して軌道上のレゾルートに合流しますが、ロビンソン一家はスミスの妨害と宇宙の裂け目によりまたもや見知らぬ場所に飛ばされるはめになります。

シーズン2

7か月後、ロビンソン一家と敵のドン、スミスは過酷な惑星で生き延び、なんとかジュピター2号で惑星を離れてレゾルートに合流を果たします。

しかし、レゾルートはエンジンを異星人ロボットに奪われて航行不能となっており、操縦していたはずのロボットのスケアクロウも損傷しているという事態に・・・。

レゾルートのヘイスティングとアドラーは、ロビンソン一家が発見した異星人の宇宙船のエンジンとウィルのロボットを使って、レゾルートをアルファ・セントリーに航行させようとしますが、琥珀色の惑星に由来する金属の腐食がレゾルートを襲い、多くの異星船が迫る中、ヘイスティングは避難した植民者を見捨てて出発しようとします。

そんな中、かつてスケアクロウと結びついていたアドラーはウィルとともにスケアクロウを琥珀色の惑星に運んで修復しますが、ロボットたちと異星船がレゾルートを襲ってしまいます。

大人たちは異星船を引き連れてアルファ・セントリーに向かうことを選ばず、敵を引き付けた上でレゾルートを自爆させることを考えだし、その隙に子供達だけがウィルのロボットと異星のエンジンを搭載したジュピター2号で宇宙空間を跳躍する作戦に出ます。

しかし、到着したのはアルファ・セントリーではなく、かつて遭難したジュディの実父の宇宙船の漂う空間でした。

シーズン3

今はまだ配信が未定のシ-ズン3、その内容は、関係者によるとロビンソン一家や乗組員のドン、ドクター・スミス、そしてロボットたち皆が力を合わせて生き残ろうと大奮闘するスト-リ-展開になっているとのこと。いったいどんな内容になっているのでしょうか。配信が待ち遠しいですね。

Sponsored Links

『ロスト・イン・スペース』のキャスト

トビー・スティーヴンス(父ジョン役)

父親は俳優のロバート・スティーブンス、母親は女優のマギー・スミス。ロンドン音楽演劇アカデミーで学び、テレビや舞台で活躍、『007 ダイ・アナザー・デイ』の悪役でその名を有名にします。

モリー・パーカー(母モーリーン役)

16歳でバレエ学校に入学し演技の勉強を始め、叔父が俳優だった縁で彼女もエージェントを得て、カナダのテレビに様々な役で出演を果たします。

高校卒業後に、バンクーバーのギャスタウン・アクターズスタジオでさらに演技の勉強をし、1991年にテレビ映画『My Son Johnny』でデビュー

1995年から本格的に映画にも出演し、1996年に屍体愛を描いた衝撃作『キスト』で屍体愛好者の主人公を演じ一躍注目され、この作品でカナダのジェニー賞の最優秀女優賞を受賞します。

テレビでは『デッドウッド 〜銃とSEXとワイルドタウン』のアルマ・ギャレット。ジョン・グリシャム原作の『ザ・ファーム 法律事務所』のアビー・マクディーア役でその名を世界的に有名にします。

テイラー・ラッセル(長女ジュディ役)

本作で女優としてデビュ-。2020年2月28日に公開されている「エスケープ・ル-ム」というスリラ-サスペンスの主演に抜擢され、今後期待の新人女優としてその名を一躍世界に知らしめています。

ミナ・サンドウォール(次女ペニー役)

テイラー・ラッセルと同じく本作で女優デビューを果たします。シ-ズン3への出演は決まっていますが、今のところその他の映画、テレビへの出演は聞かれておりません。

マックスウェル・ジェンキンス(弟ウィル役)

Netflixオリジナル人気ドラマの「センス8」にも出演し、その名が知れ渡ります。本作でもその演技の幅をいかんなく発揮している将来が楽しみな新人俳優。

Sponsored Links

まとめ

本作のシ-ズン1と2、この見どころのある内容から考えると、シ-ズン3も大変期待できる内容になっていることでしょう。

本作のオリジナルは1960年代に放映されたテレビドラマ『宇宙家族ロビンソン』ですが、その家族愛、そしてその人間模様を描いた内容に時代は関係ないことが見て取れるなとつくづく思います。

シ-ズン3の配信が待ち遠しいことこの上ないですね。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)